ネタバレ『椿町ロンリープラネット 57話』最新あらすじ&感想 マーガレット やまもり三香

ネタバレ『椿町ロンリープラネット 57話』最新あらすじ&感想 マーガレット やまもり三香 image 0

暖かくなってきて嬉しいbitchyamaです、おはようございます!

あいにくのお天気も続くけど、暖かいからまぁよし!

 

暁と和解した後に一夜を過ごしたふみは…?

前回までのネタバレはこちら。

yamanerd.com

 

あらすじ 

パーティーの後、ホテルで暁と一夜を明かした(何もなかったが…)ふみが、全く眠れず身支度をしていると、暁もまた朝7時半に目を覚ました。

 

 

 

せっかくなので2人で朝食を取ることにして、豪華なルームサービスを頼む。

しかしトーストにバターを塗って醤油を垂らして、その上に乗せた卵を崩しながら食べる2人。

ふみは思わず、家とあまり変わらないと言いながら微笑んだ。

その笑顔を見た暁は、やっと笑ったと話しながら、改めて服もいつもの通りの今のほうが良いと言う。

ふみはその言葉を聞いて、少し頬を染めながら暁を見つめた。

 

朝食後、あと2時間もあるのだからと、暁はベッドにごろんと転がる。

暁に誘われるがままに、ふみは隣のベッド(ツインルームのため)に寝転がった。

暁はそのままの姿勢で、昨日小夜子に告白されたことをふみに告げる。

どのように答えたのかと問いかけるふみに、暁は急いでいたから離せとだけ言ったと返し、さらにふみの心配は間違っていなかったと謝罪した。

ふみは昨日も暁が謝っていたことを思い出しながら、小夜子にはきちんと返事をすべきだと言う。

暁が「本命の余裕か?」と聞くと、ふみは最初は否定しようとしたが、そのまま自分の胸に手を当てて受け入れた。

 

 

 

そうかもしれないです

昨日のことがなかったら

きっと畝田さんを気遣うなんてできなかった

 

そのふみを見ながら暁は、自分の気持ちを吐露し始める。

 

ずっと考えてたんだ

何故こんなに気持ちが動かないのか

 

話も合うし

年も近い

その上あいつ(小夜子)は少しお前に似ている

 

いや似て非なるものかな

 

 

 

ネタバレ『椿町ロンリープラネット 57話』最新あらすじ&感想 マーガレット やまもり三香 image 1

暁はどういうことだと首を傾げるふみの目を見つめながら、言葉を続ける。

 

お前

親にも友達にも

まわりの誰にも

本当の気持ちを言えないだろう

 

誰かに言ってどうなるんだと

言わない事があたり前だと思ってた

人への頼り方がわからなくて

誰といてもいつも1人のように感じる

オレも同じだ

 

だけどお前と会って

初めて自分が孤独だったことに気付いたよ

 

お前がオレの前に現れてから

小さな世界に1つ花が咲いたように明るくなった

お前といる自分が好きだ

 

 

 

誰といてもこんな気持ちになったことはない

きっとこれからもないだろう

 

お前がオレのことを一生好きなように

オレにもふみじゃないとだめなんだ

多分ずっと

 

ひとり者同士

まるで割れ鍋に綴じ蓋だな

 

暁の言葉を聞いたふみは、ぶわっと涙を溢れさせた。 

記念に日記に書かなくてはと言うふみを見た暁は、そちらのベッドに寄ると、ふみを押し倒すようにして覆い被さった。

昨日の続きをねだる暁に、ふみはキスだけでも気絶しそうなのに急には無理だと焦る。

しかし決して嫌ではない。

 

 

 

ふみの首筋にキスを落とす暁と見つめ合ったところで、急にLINEの通知が鳴った。

メッセージは洋からで、そこには打ち合わせの日にいなくなったふみを探して洋の家まで暁が来たことが書かれていた。

しかもずぶ濡れで息を切らして…。

ふみが自分を探していたのかと問いかけると、暁はバツが悪そうに風呂に入るとだけ言ってその場を去った。

ネタバレ『椿町ロンリープラネット 57話』最新あらすじ&感想 マーガレット やまもり三香 image 2

素直ではない暁が迎えに来てくれたのは2回目で、思わずふみは嬉しさで笑みをこぼした。

 

花が咲く

小さな世界でひっそりと

それをみつけてくれたのはあなた

 

後日、小夜子が暁の留守を狙ってふみの元へ謝罪に現れた。

ふみのことを知ってもなお、隙があるなら頑張りたいという邪な思いもあったが、パーティーではっきりと突っぱねられたことをきっかけに気持ちは消えたと言う。

そして暁からも、手持ちでメロンを渡され謝られたという小夜子。

憧れの先生を担当できたこと、そして謝罪まで受けたことで、小夜子の気持ちはそれだけでもう良かったのだと整理がついたのだ。

 

 

 

ふみは小夜子のことを改めていい人だと思い、去り際に今までのお土産や京都で選んでくれたマニキュアも嬉しかったと告げる。

そして最初に小夜子を好きだと思った感情は、今でも変わっていないと言うふみ。

その言葉を聞いた小夜子は、少し涙を浮かべながら「こんないい子の恋愛を邪魔するところだったなんてまた罪悪感が湧く」と笑った。

 

ふみは小夜子にもらったマニキュアを塗ってぼうっとしていると、ちょうど暁が帰ってきた。

ふみが お茶を入れようと席を立とうとしたところで、居間のTVから暁原作の「葉隠番吉の誕生」という時代ドラマのCMが流れる。

目を輝かせながら喜ぶふみ。

 

そしてまた別のところで、出稼ぎにでているふみの父がそのCMを目にしていた。

 

 

 

感想

小夜子編一件落着…。

最後は小夜子とふみらしい爽やかな終わりだったな。

てか暁、告白のお断りにメロンとか、ふみじゃないけど入院見舞いみたいで笑った。

 

そしてお父さん久しぶりすぎて忘れてたよ!

ふみとの交際を反対してくるのかなー??

連載再開で嬉しいので、このまま暫く続いてくれー!

 

椿町ロンリープラネット 9 (マーガレットコミックス)

  • 作者: やまもり三香
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/11/24
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

その他椿町ロンリープラネットの記事はこちら。

yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

いいなと思ったらクリックお願いします♪


にほんブログ村

Rate article