ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『トモダチゲーム 79話 一睡もできなくなる』最新 あらすじ&感想 別冊少年マガジン 山口ミコト 佐藤友生

本格的に夏で嬉しいbitchyamaです、こんばんは!

今回もトモダチゲームの更新忘れてたアアア。 

 

 

友一を庇って逃走する志法だったが……?

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

現在のゲーム:トモダチ殺し合い(バトルロワイヤル)ゲーム

  • 友一らを捕らえることで債務帳消しを約束された、"金の亡者"から逃げる鬼ごっこゲーム
  • 約20平方kmある島全体の中を、ゲーム終了まで逃げ切ればクリア
  • ゲーム終了は参加者が残り5人になったタイミングを指す

 

ゲームのルール

  • 参加者は支給された特製ペイント銃を所持することができる
  • 使用できるペイント弾は、黄色と赤の二種類
  • 黄色(1発100万円)で撃たれた"金の亡者"は、10秒間身動きが取れなくなる
  • 赤色(1発1億円)で撃たれた"金の亡者"は、そのまま再起不能になる
  • このゲームに敗れた場合、その人物の所持金及び持っている預貯金、不動産、株など全てを没収され、今後稼ぐお金も全て運営側のものになる

 

 

 

各チームの所持金と残り人数

  • 魅嶋チーム:所持金0円、残り人数2人
  • 神代チーム:所持金7.9億円、残り人数1人
  • 海童チーム:所持金2.8億円、残り人数2人
  • 友一チーム:所持金9.15億円、残り人数5人

  

トモダチ殺し合い(バトルロワイヤル)ゲームの賞金

  • ゲーム終了時まで残した現在の所持金が全て賞金になる
  • ゲーム中にはお金を増やすイベントなどが色々あるので、うまくいけば莫大な資金が手に入る

 

最新のチャレンジ  天国と地獄イベント>

  • マナブが指定するポイント(E-03)に、賞金10億円黒の弾丸10発が入った宝箱が置いてある。
  • もう一箇所別の場所(B-05)に、宝箱を開けるためのスイッチが設置されている。
  • ボタンは動かせないタイプのものなので、最低でも2人以上が二手にわかれて、ボタンを押す係とお宝を回収する係になる必要がある。
  • つまり、お宝を回収する係が悪者であれば、お宝を独り占めされる可能性もある。

 

現在の弾丸の保持者

  • 須原岳

 

友一チームの2人の裏切り者

  • 心木ゆとり
  • もう一名はまだ非公開

 

 

 

79話あらすじ 

志法の手から離れて崖下に落ちてしまった友一は、そこで意識を取り戻した。

すぐに志法が助けに向かおうとするが、友一に「来るな!」と大きな声で制される。

友一は自分が助からないと言いながら、裏切り者ではなかった志法に最後の望みを託す。

それは、どんな手段を使ってでもトモダチゲームをクリアすることだった。

それがすべての真実を知ることができる、唯一の方法だからだと。

 

悲しそうな表情で志法に微笑みを向けた友一は、そのまま亡者に襲われてしまう。

せっかく誤解が解けたのに、大切な友人を失ってしまった。

その光景を面白そうに見ている真次と須原に向かって、志法は怒りを顕にして凄んでみせた。

しかし、今の志法では、彼らに勝てる状況ではない。

 

志法は、軽い身のこなしで絶壁から再び地上に戻ると、そのまま真次たちに背を向けて走り出した。

その素早さは、須原であっても追いつけるものではない。

そして、真次は志法の心の中で渦巻く"疑心暗鬼"にも言及する。

何を信じればいいのかわからない状態の志法が、再び仲間のもとに戻ったほうが、ゲームが盛り上がるだろうと考えたのだ。

 

 

 

真次の予想通り、志法は混乱していた。

 

私の仲間って誰?

真次の話が真実なら

天智さんが裏切り者の可能性は考えにくい

 

だとしたら……

残るは

……四部

 

ううん……四部だって

とても裏切り者とは思えない

 

だとしたらそもそも

"もう一人の裏切り者"

……は ゆとりが私たちを惑わすためについた嘘だった?

 

嘘……

嘘なのかも

 

しかし、この状況で「裏切り者なんていない」と考えるのは、ただの志法の願望でしかない。

友一が言っていた通り、すべての真実を知るためには、どんな手段を使ってでも勝たなければならないのだ。

志法が、たった一人だとしても。

 

 

 

その時監視室では、南理タケシと西澤アキラが、東條レンに向かって「本当にもう一人の裏切り者が存在するのか?」と質問していた。

彼らが四宮と聡音の捜索をしていた間に、志法を始めとしてゲームが大きく動いていたのだ。

友一らのチームは、どう考えてもただの普通の友達五人組ではない。

南理は、モニターに映る志法を見ながら「親からつづく"業"を感じる」と笑った。

 

疑う南理に向かって、東條は裏切り者が間違いなくいることを断言する。

しかし、その"裏切り者"にも様々な形があると続けた。

南理と西澤は、その言葉の意味を推理し始める。

 

  • 例えば、ゆとりは別の形で友達を裏切っているとか?本当は裏切りたくないのだが、なにか理由があって仕方なく裏切っている可能性も?
  • 裏切り者本人も、自分が友達を裏切っていることに気付いていないとか?

 

彼らの推理に対して、東條は何も答えられないと言い放つ。

なぜなら、東條も断片的な情報しか知らないからだ。

今回のゲームに関して一番くわしいのは、担当者の月野(ショートカットの女性監視員)なのだが、彼女は今、ボスのところで次のゲームについて話しているらしい。

どうやらボスは、友一チームが抱えている"業"と深く関わっているようだ。

 

 

 

シーンは変わって、ボスに状況を報告する月野。

ボスは、ゆとりが裏切り者とバレた以上、次のゲームは自分自身が監督を務めると決めていた。

そして、子供の頃の友一の写真が入った写真立てを手に取ると、笑みを浮かべながら見つめる。(ボスの顔は暗くてわからないように演出されている)

 

彼に会うのは何年ぶりだろう

きっと彼は

私は死んだと思っているんだろうな

 

けど生きていた……

彼に受けた"傷"を抱えて……

私はずっと生きていたんだ

 

ボスは、手元の写真立てをつい割ってしまう。

そこには、友一への憎しみが込められているようだった。

 

最後にボスは、疑心暗鬼が最高潮に達しているバトルロワイヤルゲームに、自ら"華"を添えようと、月野に告げた。

 

 

 

そして、ゲームは急転する。

それは、プレイヤーが一睡もできなくなるほどの、亡者の大量追加イベント。

プラスして、運営側からマリアとレイコ二名の、黒の弾丸を保持したハンターも投入された。

禁止区域も拡大し、逃げ場がいよいよなくなってくる。

 

四部や魅嶋の元に、たどり着いた志法。

志法はまず最初に、友一が亡者にやられてしまったことを皆に告げた。

友一がいない状況は厳しいが、魅嶋や四部、そして志法をふくめた六人が協力すれば必ず勝てると言う志法。

 

そこでミチルは、志法の発言に引っかかりを覚える。

このゲームのクリア定員が五名なのに、どうするつもりなのかと。

 

時を同じくして、ゆとりのもとにも友一が亡者にやられたという報告が入る。

ゆとりは、友一がいないのならば全員を標的にすると冷たく答えた。

 

監視室では、ゆとりと志法、どちらが勝つのかの話題で盛り上がっていた。

しかし東條はあくまで冷静に、勝敗を握る男の存在を呟く。

その男は、ゲームが開始してから一度も姿を現さず、数百と仕掛けてある監視カメラにも一度も映っていない。

それは、今となってはもう一人の裏切り者候補である、美笠天智のことだった。

(なぜか、洞窟のようなところで全裸で座禅を組んでいる天智のカットが映る)

 

 

 

感想

え?天智どうした……???

急にフォーカスされたと思ったら全裸……???

全然ついていけなくて、最終ページリアルに「えっ?」って声出た笑

ぜひ本誌でご覧頂きたいです!

 

そして、最新巻の表紙は魅嶋なんだねーー!

魅嶋って銀髪だったんだ。

勝手に紫っぽい頭髪のイメージでいたわ(それは京くんか)

 

ボスも出てきたし、そろそろこのゲームも終わりそうな予感?!

次回も楽しみだなぁ〜〜〜〜!

 

トモダチゲーム(16) (週刊少年マガジンコミックス)

 

その他トモダチゲームの記事はこちら。

 https://www.yamanerd.com/archive/category/%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0