ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『トモダチゲーム 77話 友一は怖いヤツだよ』最新 あらすじ&感想 別冊少年マガジン 山口ミコト 佐藤友生

湿気がすごくて参ってるbitchyamaです、こんばんは!

そろそろ梅雨?もう梅雨?

 

ゆとりが裏で手を回すが…?

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

現在のゲーム:トモダチ殺し合い(バトルロワイヤル)ゲーム

  • 友一らを捕らえることで債務帳消しを約束された、"金の亡者"から逃げる鬼ごっこゲーム
  • 約20平方kmある島全体の中を、ゲーム終了まで逃げ切ればクリア
  • ゲーム終了は参加者が残り5人になったタイミングを指す

 

 

 

ゲームのルール

  • 参加者は支給された特製ペイント銃を所持することができる
  • 使用できるペイント弾は、黄色と赤の二種類
  • 黄色(1発100万円)で撃たれた"金の亡者"は、10秒間身動きが取れなくなる
  • 赤色(1発1億円)で撃たれた"金の亡者"は、そのまま再起不能になる
  • このゲームに敗れた場合、その人物の所持金及び持っている預貯金、不動産、株など全てを没収され、今後稼ぐお金も全て運営側のものになる

 

 

 

各チームの所持金と残り人数

  • 魅嶋チーム:所持金0円、残り人数2人
  • 神代チーム:所持金7.9億円、残り人数1人
  • 海童チーム:所持金2.8億円、残り人数2人
  • 友一チーム:所持金9.15億円、残り人数5人

  

トモダチ殺し合い(バトルロワイヤル)ゲームの賞金

  • ゲーム終了時まで残した現在の所持金が全て賞金になる
  • ゲーム中にはお金を増やすイベントなどが色々あるので、うまくいけば莫大な資金が手に入る

 

最新のチャレンジ  天国と地獄イベント>

  • マナブが指定するポイント(E-03)に、賞金10億円黒の弾丸10発が入った宝箱が置いてある。
  • もう一箇所別の場所(B-05)に、宝箱を開けるためのスイッチが設置されている。
  • ボタンは動かせないタイプのものなので、最低でも2人以上が二手にわかれて、ボタンを押す係とお宝を回収する係になる必要がある。
  • つまり、お宝を回収する係が悪者であれば、お宝を独り占めされる可能性もある。

 

現在の弾丸の保持者

  • 須原岳

 

友一チームの2人の裏切り者

  • 心木ゆとり
  • もう一名はまだ非公開

 

 

 

あらすじ 

森を駆け抜けながら、四部は志法に「友一に会ったらなんて言うんだ?」と問いかける。

今の志法は友一に裏切り者として認識されているだろうし、説明しても簡単に信じてもらえるとも思えない。

しかし志法は、正直に誠実に事情を話すしかないと、真っ直ぐな瞳で四部に答える。

下手な小細工をして信頼を得ようとすれば、すぐに友一に見透かされてしまって疑いが増すかもしれない。

だからこそ、きっちり話して誤解を解くことが一番なのだと。

 

しかし四部は、事情を話せるような余裕もなく、志法が友一に攻撃されてしまうかもしれないと話す。

 

志法はしばらくゲームから離れてたから知らないと思うけど

友一は怖いヤツだよ

味方の時はまだいいけど…

相手を敵だと認識したらマジで容赦がない

…悪いこと言わないからさ

志法が先に友一を見つけた場合はまずは俺に言ってくれ

俺が事情を説明するから

 

そのとき、志法らを探しに来た亡者が通りかかり、二人は身を隠す。

おそらくゆとりに加担している亡者たちだ。

その亡者たちから逃れようとしたところで、彼らが「この先に友一がいるらしい」という話をしているのを聞く。

もしかしたら、ゆとりの方が先に友一を見つけたのかもしれないと思った志法は、自分が囮になるのでその間に友一を探してほしいと四部に頼む。

 

 

 

志法はずっと、モニター越しに友一たちのゲームを見守ってきた。

ゆとりが裏切り者だと知りながら、友一の優しさが利用され、自分たちの友情を弄ぶ姿を見ているのは悔しかった。

だからこそ友一の元へいち早く駆けつけ、事情を説明したいのだと話す。

四部はその志法の言葉を聞いて納得はしたが、囮は自分がやると返した。

友一に敵とみなされたら、本当にまずい。

もし友一が志法に敵に向けるような目をしたら逃げてほしい、と四部は強く懇願する。

志法はその真剣な表情を見て、できるだけ気をつけると答えた。

 

亡者たちの注意を引きつけた四部が去っていくのを見て、志法は再び走り始める。

そしてようやく友一を見つけた。

微笑みかけてくれる友一に、思わず涙ぐみそうになる志法。

しかしその次の瞬間、手に持っていた銃を突きつけられた。

 

 

 

友一は志法と話がしたいと思っていた。

それは、すでにゆとりから、紫宮と聡音を崖から突き落としたことを聞いていたからだった。

背後に現れるゆとりに対して、志法は裏切り者は自分ではなくゆとりだと言い返すが、ゆとりも譲らない。

言い合う二人の会話の中で、友一は静かに語り始める。

 

沢良宜…

今のこの銃には"黒の弾丸"が一発入ってる

これは心木から貰ったものだ

つまり心木は俺を仲間と信頼して

大切な"黒の弾丸"を譲ってくれた

そのことから…現状俺は心木の方が信頼できると思ってる

 

その口ぶりから、まだ友一が、完全にゆとり側ではないことを悟る。

さらに友一は、第三ゲームの"友情かくれんぼ"において、命をかけて自分の潔白を証明した天智を信じたことを話す。

そして、天智の父の死の真相を探ることを約束した。

その背景から、友一は志法に対して、天智の父親の死に関係しているのか問いかける。

志法はもちろん、していないと答えた。

真剣な表情の友一に対して恐怖を覚える志法だが、引くことはしない。

 

 

 

その時、背後にいたゆとりが何者かに狙撃される。

"黒い弾丸"が撃ち込まれたのだ。

しびれて横たわっているゆとりの前に、須原が現れてあたかも志法の仲間のように振る舞う。

ゆとりを狙撃したのは、志法の指示だとみせかける須原とゆとり。

そして須原は、先程友一の問いかけた天智の父親の死に関する質問に、自分が答えると返した。

 

沢良宜さんは美笠天智君の父親の事件に

間違いなく関係している

 

根拠も何も自分は当事者ですから

自分が彼女の指示で

天智君の父親 美笠優高氏に手をかけました

 

たしかあれは…

沢良宜さんの自宅前

大雨が降ってる日でしたね

 

驚愕の事実を聞く傍らで、志法は当時大雨が降っていたことを思い出す。

ゆとりは、全ての罪を志法になすりつけようとしている。

ゆとりはいつから、自分たちの人生に関わっていたのだろうと冷や汗を流す志法。

もしかしたら、イジメられていたゆとりを助けたのも、すべて裏でゆとりに仕組まれた計画だったのかもしれない。

そこから始まっていたと考えれば、もはやゆとりは自分の手には負えないのではないかと志法は考える。

 

 

 

そして友一は、志法を完全に敵として認識したようだった。

暗い瞳で志法を睨みつけながら、友一は引き金を引いた。

 

感想

友一と再会したけど、なかなかうまく進まないねぇ…。

志法が本当に裏切り者じゃないんだとしたら、めちゃくちゃかわいそうである。

四部は戻ってきて説明してくれないのかなー?

今それどころじゃないかな笑

 

そして京くんと聡音ちゃんは大丈夫なのかー?!

大逆転でそろそろ出てきてくれないかなぁ。

次回も楽しみ!!

 

トモダチゲーム(15) (講談社コミックス)

 

その他トモダチゲームの記事はこちら。

 https://www.yamanerd.com/archive/category/%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0