ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『トモダチゲーム 68話 新たな駆け引きに期待してるよ♡』最新 あらすじ&感想 別冊少年マガジン 山口ミコト 佐藤友生

最近へとへとのbitchyamaです、こんばんは!

次から次へとやらないといけないことがぁあああーーー。

 

今回長いので、少しずつ更新していきます。 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

現在のゲーム:トモダチ殺し合い(バトルロワイヤル)ゲーム

  • 友一らを捕らえることで債務帳消しを約束された、"金の亡者"から逃げる鬼ごっこゲーム
  • 約20平方kmある島全体の中を、ゲーム終了まで逃げ切ればクリア
  • ゲーム終了は参加者が残り5人になったタイミングを指す

 

 

 

ゲームのルール

  • 参加者は支給された特製ペイント銃を所持することができる
  • 使用できるペイント弾は、黄色と赤の二種類
  • 黄色(1発100万円)で撃たれた"金の亡者"は、10秒間身動きが取れなくなる
  • 赤色(1発1億円)で撃たれた"金の亡者"は、そのまま再起不能になる
  • このゲームに敗れた場合、その人物の所持金及び持っている預貯金、不動産、株など全てを没収され、今後稼ぐお金も全て運営側のものになる

 

各チームの所持金と残り人数

  • 魅嶋チーム:所持金0円、残り人数2人
  • 神代チーム:所持金7.9億円、残り人数1人
  • 海童チーム:所持金2.8億円、残り人数2人
  • 友一チーム:所持金9.15億円、残り人数5人

  

トモダチ殺し合い(バトルロワイヤル)ゲームの賞金

  • ゲーム終了時まで残した現在の所持金が全て賞金になる
  • ゲーム中にはお金を増やすイベントなどが色々あるので、うまくいけば莫大な資金が手に入る

 

 

 

あらすじ 

森の中で紫宮と聡音が出会ったメンバーは、橋本桃菜(はしもと ももな)と須原岳(すばる がく)の2人だった。

船の中で志法が言っていた言葉を調べようとしていたのに、面倒くさいことになったと紫宮は心中で苦々しく思う。

 

その時、マナブからのアナウンスが突然流れ始め、あるイベントを行うと告げた。

内容は以下の通りである。

 

  • B-9地点の小さな小屋に、2つのお宝を用意したので、手元にある地図を参考にしながら到達して見つけ出してほしい。 
  • 1つ目のお宝は5億円のお金を獲得できるチケット。
  • 2つ目のお宝は"黒の弾丸"。 これは、撃たれた参加者を1分間動けなくするアイテムである。
  • 黒の弾丸を受けると、首につけた黒い輪っかから1分間電気が流れて動けなくなる。
  • 自分で使わず、他人に売るのも"アリ"。
  • 参加者同士でお金の受け渡しが合った場合、変動は運営側でリアルタイムにモニタリングしているので、後々トラブルになることもなく対処できる。

 

 

 

アナウンスを聞いた紫宮は、友一が欲しがりそうなアイテムだと感じる。

そして、それぞれの思惑が各所で交差する中、自分はどう動くべきかと悩み始めた。

 

その中で、「4人でお宝を取りに行こう」と提案してきたのは、桃菜だった。

桃菜は、チーム内で後半戦に生き残ったのは自分だけなので、ゲームを勝ち抜ける5人枠には余裕があると言う。

そして、須原、紫宮、聡音に対して協力を仰いだ。

その微笑みには、心を動かされる不思議な魔力があった。

 

嘘をついているようには思えないが、紫宮のチームメンバーが全員残っていると答えようものなら弾かれてしまう。

迷っているうちに、須原もまた、チームで残ったのは自分1人だけだと告げて仲間になると答えた。

紫宮はセオリー通りに自分も1人だと答えるが、そこで聡音が5人全員残っていることをバラしてしまう。

紫宮は諦めて退散するかとため息を付くが、意外にも桃菜は紫宮の手を取り、一緒に行こうと誘った。

その理由は、危険すぎる黒の弾丸を紫宮、聡音、須原のような優しい人達に持ってもらいたいからだ。

むしろ、桃菜自身は弾丸を求めてはいないと話す。

元々玉を撃つこと自体怖くてできないかもしれないので、誰かに託したいのだと。

その代り、友達のためにお金が必要なので、少しだけ多くもらいたいと再び微笑んだ。

 

 

 

こうして即席チームが出来上がったので、まずは先に進もうと話し合う。

そこで、須原が"元自衛官"で、こうしたサバイバルは専門なのだということが判明する。

現在地をチェックして場所は把握してあるので、あとは地図を元に前に進むだけだ。

 

同じく改めて自己紹介した桃菜の姿を見て、紫宮はあることを思い出す。

それは、桃菜がトップアイドルとして芸能界に君臨していたこと。

そして、アイドルグループを卒業し、引退するかもしれないという記事を百太郎が読んでいたことに。

桃奈は元々地味で真面目な子だったが、貧乏だった家計を助けるためにアイドルを頑張っていた。(百太郎談)

「橋本桃菜は絶対に嘘を言わない」と豪語していた姿を思い出し、紫宮はその胡散臭いプロフィールにこの先を共にして良いのかと不安を覚える。

 

 

 

そこで、直感力が鋭い聡音の意見を仰ぐことにした。

聡音は迷わず「行く」と答える。

しかしそれは、紫宮が期待している"安全"さを保証しているわけではなく、ただ単純に"面白そうだから"という理由でだった。

紫宮は、聡音に自分の打算を見抜かれ、ケンカを売られているのだと気付く。

それならばリスクを承知で付き合ってやろうと考え、先へ向かうことにした。

 

監視室で見守る中で、アキラが最初に脱落する人間を紫宮だと予想する。

紫宮にはこのゲームを勝ち抜けない決定的な弱点がある、とも。

そしてそれを、須原は見逃さないはずだと付け加えた。

 

暫く歩くうちに、須原は紫宮の異変を感じ取った。

前半戦で受けた傷が響き、先へ進むにも厳しい状態だということに。

ここで待っているようにと促されるも、紫宮はこの状況で追いかけることもできないし、宝の分け前だってもらえるか分からないのに到底信じられるわけがないと拒否する。

現在地を教えようという須原の提案も、いくらだって嘘をつけるだろうと一蹴した。

しかしそこで手を差し伸べてきたのは、桃菜だった。

須原に案内してもらっている最中に、地形や順路を確認しながら進んでいた桃菜は、地図で自分たちがいる場所を指し示しながら安心するように伝える。

 

 

なおも疑う紫宮の手を握り、桃菜は絶対に嘘をつかないと真剣な眼差しを向けた。

その掌の暖かさや淀みのない真っ直ぐな瞳を見て、紫宮は桃奈の言葉を信じると笑顔を返す。

 

紫宮を置いて目的地に向かった3人。

小屋の周辺には、アナウンスを聞きつけた亡者たちが何人もうろついている。

亡者たちは地図を持っていないが、あてずっぽうで小屋さえ見つければそこで待ち伏せをすることができると考えたのだ。

 

この状況で"囮役"を買って出たのは、須原だった。

須原が亡者を銃で引きつけている間に、安全を確認しつつ10分後くらいに桃菜と聡音でお宝を確保する。

そして紫宮を置いてきた地点まで戻り、そこで宝を山分けしようという算段だ。

須原が危険を犯してまで作戦を実行しようとするのは、彼自身が桃菜のファンクラブ会員で、絶大な信頼を寄せているからだった。

桃菜のファンを裏切らない誠実さを知っているからこそ、背中を預けられるのだと。

 

 

 

須原が亡者の群れに飛び込んでから10分程度経った後に、桃菜は小屋へ向かおうと顔をだす。

しかし聡音は、その場で眠りこけてしまっていた。

仕方なく桃菜一人で小屋へ向かうことにする。

桃菜は、いつだって自分を助けてくれていたファンの存在を思い出していた。

それは全て、自分に最大の利益が転がり込むように、今までもずっとわざと心をくすぐる演技をしていたからだった。

桃菜は最初から仲間を裏切るつもりで(前半戦は、梅子と同じチームだった) 自分の美しい外見を利用して事を進めてきた。

紫宮にも嘘の場所を伝えて信じ込ませたのだ。

全ては可愛く生まれた自分の特権だと、そう桃菜は思っていた。

 

しかし、小屋の扉を開けると、中にいたのは紫宮だった。

宝箱の上に座って、桃菜に銃口を向けている。

実は紫宮は、最初から地図を見るまでもなく居場所まで全て把握していた。

スタート地点である学校から車が移動したおおよその時間、距離、速度、学校から見えた太陽の位置、移動後に見えた位置の変化などなどの要素から、計算で位置を割り出したのだと、監視室内の東條は推察する。

だからこそ桃菜の嘘も分かっていたし、その時点で確実に信頼できないことも把握した。

あとは、自分が先回りできるようにいい具合の時間帯や距離感を計算し、須原にわざと怪我を気付かせて後から行くという選択をした、というわけだ。

それができるのは全て、紫宮が本物の"天才"だからだ。

 

 

 

しかし、紫宮がいくら素晴らしい能力を持った天才だからとはいえ、アキラの読みが外れたわけではなかった。

桃菜を蹴散らしたところまでは良かったのだが、いざ宝箱をあけてみると何も入っていない。

他のチームが先に来ていた痕跡もなかったというのに、どういうことだと戸惑う紫宮。

そこには、東條も含めて大きな見落としがあった。

 

そして、紫宮は背後から"黒の弾丸"で撃ち抜かれてしまう。

無残にも床に転がった紫宮は、このままリタイアとなるのだろうか…?

 

感想

ああああああああーーーーーーーーー!

推しがたくさん出てきて嬉しいのに、最後やられちゃって寂しい…。

途中で桃菜ちゃんにちょっとドキッとしててかわいかったよ、京くん…笑

桃奈ちゃんと聡音がいるからか、今回の京くんは若干雄みあるなぁ。

最初出てきたときは可愛くて無邪気で残酷そうで…って感じだったけど、最近は普通の男の子な一面もあってよき。

でも超天才だけど。

大事なことだから二回言うけど、超天才だけど!!!!!

あーどうなるんだろ、次回は種明かしされるのかなぁ。

つらみ。

ただ、もし撃ったのが友一だったら、なんか謎すぎるけど萌えるから許せる気がする(?) 

 

トモダチゲーム(14) (講談社コミックス)

その他トモダチゲームの記事はこちら。

https://www.yamanerd.com/archive/category/%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0