ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『トモダチゲーム 64話 今…確認したところ』最新 あらすじ&感想 別冊少年マガジン 山口ミコト 佐藤友生

疲れてすっかり眠りこけてたbitchyamaです、おはようございます!

今日は雪だからお家で大人しくしてる…。

 

負けた友一…?

前回までのネタバレはこちら。  

www.yamanerd.com

 

 

現在のゲーム:人生博打(オールベット)ゲーム

人生博打ゲームのルール

  • 友達を売ってギャンブルの軍資金を得る
  • ギャンブルは自主運営のため、好きなギャンブルを選んでもレートを勝手に決めても、オリジナルのギャンブルを作っても良い
  • ゲーム終了までに売って得た金の分を満額支払えば、友達を買い戻せる
  • 乗船料として一人1千万円支払う義務がある
  • 1千万円支払うことが出来ない場合、一人につき1億円の罰金が課される

 

 

その他の補足

  • 船の中ではあらゆるものが金かギャンブルで取引できる(後半戦の準備をするためには金を増やしておく必要がある)
  • 買い戻せなかった友達は運営に取られてしまう

 

それぞれの査定金額

  • 美笠天智:1千万円
  • 紫宮京:4千万円
  • 四部誠:8千万円
  • 心木ゆとり:2億円
  • 片切友一:0円

 

現在売った友達

  • 四部誠 
  • 美笠天智

 

所持金

8千万円→0円→1億6千万円→1億3千万円→1千万円→5億1000万円→0円

 

 

 

あらすじ 

「友一が作ったルール」と、「友一の価値」

月野からその2つのキーワードを聞いた東條は、全ての謎を解き明かすために売られた人間たちがいる部屋に向かう。

戸惑う志法に向かって、月野は"海堂チームに注目するように"と助言する。

 

仲間を買い戻した海堂は、彼らにこれまでの時間苦労をかけとことを詫びる。

しかし仲間たちは、実は売られた人間たちの部屋では楽しくやっていたこと、そして食事も差し入れがあったことなどを話して退屈はしなかったと言う。

そして最終結果のモニターを見上げて、海堂と聡音の圧勝の様子を褒めちぎった。

 

終結

  • 海堂チーム:9.16億円
  • 魅嶋チーム:2億円
  • 神代チーム:2.09億円
  • 友一チーム:0円

 

 

 

仲間たちが"予想通り聡音が勝った"や、"あのガキも海堂親子には勝てない"と囃し立てるのを聞いて、海堂は一体何の話をしているのだと不審がる。

よくよく話を聞いてみると、実は裏の部屋でギャンブルが行われていたのだということが発覚した。

 

売られた後は正直時間を持て余しており、食事も最低限のものしか得られない状態。

そんなときに差し入れを持って訪れた友一によって場は盛り上がり、ついには"表でやってる勝負の最終順位予想"が繰り広げられたのだ。

 

絶望で蹲っていたかに見えた友一は、立ち上がるとマナブに対してある紙を差し出す。

それは"最終順位当てギャンブル"に関する合意書だった。

合意書を見たマナブは、"最終順位当てギャンブル"では、友一チームのみが正解を出していたと告げてパネルの金額を変更する。

それは、外した友一チーム以外の3チームの所持金を、友一チームに加算するという内容だった。

 

終結果予想ギャンブルによる逆転

  • 海堂チーム:0円
  • 魅嶋チーム:0円
  • 神代チーム:0円
  • 友一チーム:13.25億円

 

そこで、合意書に何が書いてあろうとも、船が着いたらギャンブルは終わりだったはずだと詰め寄る海堂。

しかし本当は、目的地に到着していなかったのだ。

マリアは友一に買収されており、友一の言う通り虚偽の報告をしていたのだった…。

 

 

 

感想

2話連続更新なので、65話に続きます!

 

 

トモダチゲーム(13) (週刊少年マガジンコミックス)

 

その他トモダチゲームの記事はこちら。

www.yamanerd.com