ネタバレ『世界で一番、俺が○○ 16話』最新 あらすじ&感想 イブニング 水城せとな

ネタバレ『世界で一番、俺が○○ 16話』最新 あらすじ&感想 イブニング 水城せとな image 0

3本目に取り掛かっちゃうbitchyamaです、こんにちは!

もうしばらく退院出来ないって分かったし、今週はここでがんばらねば…。

 

動くアッシュ、そしてナナミと柊吾の関係は…? 

前回までのネタバレはこちら。

yamanerd.com

 

あらすじ 

救急車や消防車のサイレンを聞くと

今でも胸がざわつく

眠るとき

今でもあの晩のことを思い出す

どうすればよかったのか

なんで豆吉が吠えていたのか

父さんは本当に

俺もろとも死んでしまえばいいと思って火をつけたのか

 

 

 

もしゲームに勝って願いが叶えられるなら

俺はあの日起きたことの真実をすべて知りたい

あの晩のすべてを映画みたいにこの目で見て確かめたい

過去を変えようとは思わない

起きてしまったことはもうそれでいい

ただ本当のことが知りたいんだ 

 

…でも 不幸ゲームの勝者になってまで

そんなものを勝ちとる価値は?

それよりあいつらが勝って未来をなんとかすることのほうが

大事なんじゃないか… 

 

そして柊吾は、セカイの力はたろやアッシュにこそ必要なのだと考える。

3人でないと参加できないからそうしただけなのだ。

そして自分は傍観者でいよう、道を譲ろうとと決めた。

 

 

 

ネタバレ『世界で一番、俺が○○ 16話』最新 あらすじ&感想 イブニング 水城せとな image 1

柊吾にアッシュのDQ値上昇の理由を探ってこい(褒美は考えるから)と言われたナナミは、今日もDQ135のアッシュに現状どうなのか説明を求める。

外見だけは可愛らしい上司から哲学的なレポートを求められていると話すナナミに、アッシュはきちんと話すからナナミのことも教えて欲しいと言う。

それは「ナナミは人間なのか?」という質問だった。

 

ナナミは自分を人間だと答えるも、正確に言えばセカイの一部だと言う。

セカイはアッシュらが物理的に認識できる存在ではないので、直接コンタクトを取るためにもナナミたちのようなエージェントがいるのだと続けた。

その説明に、やはりナナミは人間ではないのではと感じるアッシュだったが、約束通り自分の身に起きていることを説明し始めた。

 

それはある人(ヨシヒト)と出会って、現実をありのまま見つめる機会になったということだった。

たろや柊吾といれば子どものときのままでいられる、まるで秘密基地のようなものなのだと。

そして、秘密基地を出ていくやつはいいが、最後まで残ったやつは惨めだとも。

アッシュは昔はモテたものの、職も中身も実績もない自分に騙されるのはもはや馬鹿しかいないと話し、それでも一世一代のゲームを動かすために自分に出来ることがその馬鹿を騙すことだけだとしたら、それで大切なものを失うことになるとしてもやる意味はあるのだと続けた。

 

 

 

ナナミはそこで、アッシュが誰かを傷つけるつもりで、そのためにDQ値が上がっているのだと悟る。

アッシュに対して、願いが叶うとしたら何を望むのか問いかけるナナミ。

 

スーパースターになりたい

…スターに…

ヒーローになりたかった

 

ヒーローになれないって悟った男が

何になろうとするかわかる?

 

ゲームが終わる頃にはわかるよ

 

 

 

そしてアッシュは再びSINGIN’ IN THE RAINを口ずさみ、雨を振らせて自分の気配を消す。

ふみの勤めるお弁当屋へ赴くと、先日の傘を返し、お礼にかわいらしい花束を渡した。

 

お弁当を買う意思を見せたアッシュは、そのまま飲食の仕事をしていたと話し、いつか自分の店を出すことが目標なのだと続ける。

金融関係に勤めている幼馴染に融資や経営プランの相談に乗ってもらっているなど具体的なことを話し、カフェが出来たら絶対に行くというふみに、招待するのでサクラになってほしいと言う。

ふみはカフェ巡りが好きだと笑顔で話し、アッシュの語った夢を素敵だと褒めた。

そこでアッシュは、友達が先日オープンさせた表参道のカフェ「セ・モワイアン」に一緒にいかないかとふみを誘う。

ネタバレ『世界で一番、俺が○○ 16話』最新 あらすじ&感想 イブニング 水城せとな image 2

誘える女性の知り合いがいないということや、あまり女性と話すのが得意ではないという初な理由を添えて。

 

土曜日はどうかと聞くアッシュに、名言を避ける素振りを見せるふみ。

アッシュが他の人も呼んでくれてもいいと言うと、ふみは伏し目がちに微笑んで少し考えると伝えた。

アッシュはふみの顔を見ながら、心の中で毒づく。

 

「考える」だと?

8割方行くって決めてるくせに

どうせたろちゃんに対しても

そんな態度なんだろ

ソッコー落とすわ

こんな女

 

 

 

アッシュの様子を聞く柊吾に、ナナミは咄嗟に今日聞いたことを隠してしまう。

しかし柊吾にはすぐに嘘がバレてしまい、ナナミはか細い声で謝罪した。

何度も謝るナナミに柊吾は仕事なのだし仕方ないと言うが、ナナミはそれでもうなだれたままだった。

柊吾は焦って、大丈夫だからとナナミの頭をぽんぽんとなでる。

上目遣いで自分のことを見上げるナナミに、生まれて初めて女性の頭をぽんぽんしてしまった柊吾はさらに動揺した。

そしていつものようにDQ値を測ろうとするナナミを制した。

 

感想 

アッシュのふみに対する冷静さが怖い…(;゚Д゚)

「ソッコー落とすわこんな女」のセリフに全て集約されてるよね…。恐ろしや。

久しぶりにセカ俺あったけど、今回もそれぞれの人間模様が見れて面白かった!

再来週もぜひ更新されて欲しいとこだけど…(*ノω・*)

 

世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングコミックス)

  • 作者: 水城せとな
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/21
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

その他世界で一番、俺が○○の記事はこちら。

yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

いいなと思ったらクリックお願いします♪


にほんブログ村

Rate article