ネタバレ『終わりのセラフ 79話 永遠にジゴク』最新あらすじ&感想 ジャンプスクエア 鏡貴也 山本マコト

ネタバレ『終わりのセラフ 79話 永遠にジゴク』最新あらすじ&感想 ジャンプスクエア 鏡貴也 山本マコト photo 0

寒暖差激しくて服装に困ってるbitchyamaです、こんばんは!

暑いからと思って涼しい格好で行くと、会社で寒いんだよなぁ。

 

アシェラ、シガマドゥ、ユウの過去が明かされる…?

前回までのネタバレはこちら。

yamanerd.com

 

あらすじ 

アシェラがシガマドゥに呼ばれた部屋の先で見たものは、多数の羽を背中から生やして熱り立つユウの姿だった。

人間をひどく恨んでいる様子のユウを、シガマドゥは調教するように諌める。

しかしあまり効果が見られず、シガマドゥはタイミングが悪かったようだと言いながらアシェラに出ていくよう促した。

 

 

 

次の瞬間、止められなかったユウがアシェラに向かって襲いかかる。

シガマドゥが腕をとって制止するが、ユウは自らの腕を切り落としてアシェラに向かっていく。

そして、胸をえぐるように貫いて絶命させた。

その一瞬の間に、ユウの腕から溢れた血液が、アシェラの口内に侵入する。

アシェラの人間としての生は、そこで終わりを迎えた。

 

ああ そうか

これは夢だ

僕もクルルも本当はあのときにとっくに死んでいて…

いま夢を見てるんだ

 

ならここは…

地獄かな……

 

 

 

アシェラの遺体を腕にぶら下げたままで、ユウは天上へと飛び立つ。

禁忌を犯した人間に対する恨み言をつぶやきながら。

しかしそこへ、同じく羽をたくわえたシガマドゥが現れ、ユウの首を手刀で切り伏せる。

そして、「また失敗…やりなおしだな」と静かに微笑んだ。

 

ユウと共に地上に落とされたアシェラだったが、まだ息は残っていた。

不思議なことに、心臓が千切れて全身の骨が折れているのに、まだ生きている。

シガマドゥはそこで、アシェラが”適合者”なのだと思い当たる。

事切れる直前に口の中に入ったユウの血が、アシェラに適合して生を永らえさせているというわけだ。

 

ネタバレ『終わりのセラフ 79話 永遠にジゴク』最新あらすじ&感想 ジャンプスクエア 鏡貴也 山本マコト photo 1

シガマドゥはこの600年間、何十万人もの犠牲を出してこの実験を続けてきた。

その末に、ようやくアシェラという適合者を見つけたのだ。

自力では蘇生できない様子のアシェラに、自分の血とユウの血のいずれを与えるべきか悩んだシガマドゥ。

いずれにせよ死ねなくはなるのだが。

そして念の為、シガマドゥはアシェラにまだ生きたいかと意思を確認する。

アシェラは妹のクルルを救うために、まだ生きなくてはならないと瞳で訴えた。

そして、ユウの血を与えられることに。

 

 

 

バケモノだらけの質の悪い夢

それでも僕はクルルをーーー

 

ユウの血を大量に与えられても、アシェラはそのまま生き続けた。

シガマドゥはその光景を見て、この血筋を調べ無くてはならないと強い意志を持って決めたのだった。

 

アシェラが次に目覚めた時、そばにいたのは第二位始祖のリーグ(斉藤)とウルドだった。

戸惑いながら胸に手を当てると、傷が残っていない。

空気の振動が見えるように感じ、遠くの音まで聞こえる身体。

ウルドはその様子を見て、”人を超えた上位存在になることを許された”と語る。

説明を受けていた途中で、アシェラは自分の喉が渇きを訴えていることに気付く。

血が飲みたいと、明確にそう感じた。

それが永遠に続くのだと笑うリーグらに連れられて部屋を出ると、そこには不可思議な実験室があった。

そして、意識を失っているユウと、傍らに侍るシガマドゥの姿も。

ユウの頭上には不思議な物体が漂い、取り憑いているように見える。

ここはなんなんだと問いかけるアシェラに、シガマドゥは静かに伝えた。

 

 

 

…ここは

地獄だよ

 

なにせここは陽の光を失った罪人が

それでも光を求める場所だからねぇ

 

そしてシガマドゥは、改めてアシェラに生きる理由を問う。

アシェラの思いは変わらず、妹のクルルを救い出したいということだった。

 

ネタバレ『終わりのセラフ 79話 永遠にジゴク』最新あらすじ&感想 ジャンプスクエア 鏡貴也 山本マコト photo 2

時は流れて現在。

クルルもまた、アシェラをシガマドゥというバケモノから救いたいと考えて行動していた。

 

そして渋谷では、リーグ(斉藤)が動き始める。

リーグら《白夜教》の目的は、日本帝鬼軍から真祖を取り戻して拘束すること。

そして、”アテン神”と”ミカエラ”を、ウルドや真祖から引き剥がすことだった。

その動きを察知したシガマドゥは、乗っ取ったシノアの中でほくそ笑む。

暮人は《終わりのセラフ》を動かして、《白夜教》の侵攻を阻止せよと命令を下した。

 

 

 

その時、グレンの傍に浮かぶ真昼が囁いた。

 

時がきた

ここだね

たぶん斉藤とクルルがくる

 

じゃあやりましょうか

計画通りみんなを裏切るの

 

それぞれの思惑が交差してぶつかろうとしていた…。

 

感想

うおーーーーーーー今回盛りだくさんだった!

でもアシェラが吸血鬼になった過去とか、なるほどそういうことだったんだーと思えた。

ただ、ユウの血を飲んだってことは、真祖に近い存在になったってことなのかな…?

だから鬼の阿朱羅丸になった…?

この感じだと、きっとクルルもシガマドゥに吸血鬼にされちゃったんだよね。

アシェラと同じ血筋を見込まれて…。

色々と連鎖していくなぁ。

 

 

 

グレンの動向も気になるし、目が離せない!

次回も楽しみみ。

 

 

その他終わりのセラフの記事はこちら。

https://yamanerd.com/archive/category/%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%95

 

 

 

Rate article