ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『黒執事160話 その執事、疎放』最新 あらすじ&感想 Gファンタジー 枢やな

年始一発目から風邪引いたbitchyamaです、こんばんは!

ていうか胃ね。胃。暴飲暴食のせい…。

 

メイリンの壮絶な過去…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

青の教団編まとめ 

対象話数

109話〜現在まで連載中

 

 

 

冒頭の導入

ある日、エリザベスの兄エドワードの元に、かつてウェストン寄宿学校を放校処分となった前プリーフェクトの"ハーマン・グリーンヒル"が訪ねてきた。(寄宿学校編に登場)

グリーンヒルから「スフィア・ミュージックホール」で行われるという集会に是非にと誘われ、その押しの強さに根負けしたエドワードは仕方なく出向くことにした。

ミュージックホールで行われていた集会は、エドワードが今までに経験してきたいずれのパーティーとも異なって、貴賎の隔たりなく、会話や食事の楽しめる空間がそこには用意されていた。
前P4の先輩たちは、子どもたちと遊んだり勉強を教えたり絵を描いたりと、その集会の中で気ままに活き活きと過ごしていた。
その中でひときわ注目を集めていたのは、"ブラバッド"という占い師だった。


帰宅したエドワードを待っていた妹・エリザベスに、集会が楽しかったことを話すと、エリザベスは興味津々で、次回は自分も行きたいと伝えた。

後日、女王からシエル宛に手紙が届いた。
それは例のミュージックホールの集会についての要件であった。
気になって女王から調査をかけたものの、異状報告は得られなかった。
しかし、派遣した調査員たちは、その後集会に足繁く通っているという。
一体あのミュージックホールで何が起こっているのか、よからぬ企みでもあるのでは、という内容の手紙であった。

手紙を読み終えたシエルの元へ、エドワードが珍しく事前に手紙も寄越さず血相を変えてやってきた。
何かあったのかとエドワードに問いかけると、その口から出てきたのは「エリザベスが家出した」という衝撃の事実だった…。

 

 

 

スフィア・ミュージックホールで行われていたこと

  • スフィアミュージックホールは、輸血の研究のために運営されていた。
  • 血液を垂らした薬液の反応を見て、ポラリス、ベガ、カノープスシリウスの4種に分けて判別し、相互に拒絶反応を回避する技術を確立させていた。
  • 研究所内にあった血液はポラリス44%、ベガ44%、カノープス10%、シリウス2%。これは血液型を表しており、シリウスはAB型。
  • この血液は全て、スフィア・ミュージックホールの教祖「蒼き星・シリウス」のために集められていたものだった。
  • そのシリウスの正体は、シエルの双子の兄である本物の"シエル・ファントムハイヴ伯爵"。
  • 兄は、アンダーテイカーによって生き返らされた死人である。

 

エリザベスがいなくなった理由

シエルの兄(エリザベスの本来の婚約者)が戻ってきたため。

 

兄の死因とセバスチャンの登場

かつて、悪魔信仰をしている教団に襲撃されたシエルと兄は、そこで"生贄の儀式"に捧げられる供物となった。

祭壇に乗せられた兄の腹には剣が突き立てられ、これが原因で兄は死亡した。

そして、兄を"渡り賃"として、シエルはセバスチャンを召喚した。 

 

 

 

現在調べている内容 

兄が血を必要としているのなら、なるべく死者を出さずに血液を集めるための組織を何らかの形で構築しているはずだと踏んだシエル。

そこで、アンダーテイカーが裏で操っていた組織「暁(アウローラ)学会」の所属員が絡んでそうな事件を洗うことにした。

 

①ノーズヨークシャーのヒースフィールド男爵邸
新聞に厚待遇な雇用条件でメイド求人広告が掲載され、使用人紹介所を介して雇用されたメイドの数は100名を超える。

にもかかわらず、未だに募集記事を出し続けている。

カルスタイン病院の元ナースが数名、メイドとして勤務。

 

ノーフォークの新設児童養護院

英国各地から未成年の孤児を集め、独自メソッドによる高度な教育を受けさせている。

アウローラ学会に所属していた貴族から、多大な寄付を確認。

 

③ウィルトシャーの退役軍人療養所

「奇跡の癒しの手」と呼ばれる看護婦がおり、植民地紛争で身も心も傷つき再起不能とされた兵士たちを数多く社会復帰に導いている。

アウローラ学会に所属していた医師が多数勤務。

 

④ブライトンの新リゾートホテル

リーズナブルな宿泊費に対し、ホスピタリティが素晴らしく、バカンス期間終了後も滞在を延長する客が多数いる。

中には、自宅を引き払うものまでいるのだとか。 

アウローラ学会に所属していた貴族が支配人を務める。

 

 

 

それぞれ、下記のメンバーで調査にあたっている。

  • ノーズヨークシャーのヒースフィールド男爵邸:メイリンとランマオ
  • ノーフォークの新設児童養護院:フィニとスネーク
  • ウィルトシャーの退役軍人療養所:バルドとラウ
  • ブライトンの新リゾートホテル:シエルとセバスチャン

 

あらすじ 

※シエルの本名が明かされていないので、本物のシエルを「兄」、主人公のシエルを「シエル」と書きます。

 

メイリン(リン)に課せられたミッションは、ファントムハイヴ伯爵(シエル)の狙撃。

社交界にめったに顔を出さないシエルは肖像画や写真もなく、わかっているのは爵位を継いだばかりの子供で眼帯をしていることのみ。

数ヶ月前、シエルの屋敷に強襲をかけた組織があったが、戻ってきたものは誰ひとりとしていないという。

「悪の貴族」として名を馳せるシエルは、腕のいい傭兵を雇っているに違いないと思われていた。

しかし、メイリンの持つ梟の瞳"碧落眼"があれば、いくら傭兵たちが強かろうが関係ない。

その瞳を駆使して討ち取るように命じられたメイリンは、馬車を揺らしてファントムハイヴ邸へと向かった。

もちろんのこと討ち取れないようであれば、メイリンの戻る場所はない。

屋敷への道のりはすなわち、一方通行の旅だった。

 

 

 

まず初手として必要となるのは、シエルを仕留めた後の逃走経路の確保。

それを行うにあたっては人の出入りを把握する必要があるため、一旦は庭や屋敷を見張ることにした。

しかし、暫く経っても誰一人として姿が見えない。

そうメイリンがおかしいと思い始めた矢先に、庭師のフィニアンと執事のセバスチャンが出て来た。

二人は領民から分けてもらった肥料を元に、サヤエンドウを育てているようで、その成長具合の良さに感動していた。

(この頃のフィニアンは今よりも髪が短く、まだ子供らしい顔つきをしている)

 

眼帯をしていないところから、フィニアンは除外。

セバスチャンも身なりで執事だろうということがわかったため、狙撃対象からは除外された。

狙撃手は気付かれたら終わりなので、一発で仕留めなくてはならないが、どうにもシエルの姿は見当たらなかった。

 

そして一週間後、メイリンはさらに混乱していた。

傭兵はおろか、メイドの一人も出てこない。

どう見繕っても屋敷にいるのは、執事と庭師、そして伯爵の三人だけだ。

こんな大きな屋敷でありえないとも思えるが、それ以外に考え当たる節はなかった。

 

 

 

命令の消化までに時間がかかっているメイリンの動向を探るため、「鳩」とよばれる伝令係が食料を携えて様子を見に来た。

鳩は、ラウが南仏(マルセイユ)を発ったため、到着までにあと三日ほどだろうと言う。

そして、白大哥は、その時までに仕留めるようにと命じているとも。(全てを言い終わる前にメイリンが遮ったが、おそらくこう言いたかったはず)

去り際に鳩から渡されたパンは、カビが生えていた。

悪態をつきながらも、メイリン自身も焦りを感じていた。

もう時間がない。

しかし、ここ三日ほどでシエルの居場所はなんとなく把握ができた。

二階の角部屋、朝八時ぴったりにカーテンが開く。

おそらくそこが、シエルの寝室だと。

そして翌日、雨が上がったらその瞬間に狙撃することを決めた。

 

翌朝、メイリンの思惑通り雨は上がった。

そして八時。

セバスチャンが紅茶を持って、シエルの寝室を訪れる。

カーテンを開けて陽の光が入った瞬間、メイリンの瞳はシエルの姿を捕らえた。

そこで銃声が鳴る。

しかし、セバスチャンが咄嗟にティーポットで受けてその軌道をそらし、銃弾はシエルの真横にある枕を貫いた。

 

 

 

しくじった。

メイリンは絶望の表情で一瞬固まったが、早くここから離れなくてはならないと急いで駆け出す。

セバスチャンは、弾が当たったティーポットの割れ目から流れ落ちる紅茶を見ながら、そのままカップの上に注ぐ。(というか、そうなるように最初から測っていた?セバスチャンのスゴ技?)

 

本日の紅茶はニルギリでご用意しました

 

もっと他に言うことあるだろう!?

 

その二人のコントのようなやり取りの裏では、メイリンが逃げるために必死に森の中を走り抜けていた…。

 

感想

坊っちゃんもセバスも久々!

弾が枕にあたった瞬間の、坊っちゃんのびっくりしたお顔がかわいい〜〜〜!(✽ ゚д゚ ✽)

そして相変わらずの(?)オッドアイもキュート♡

坊っちゃんがちょっとでも登場すると癒やされます♡

 

次回はメイリン捕まって冒頭に戻る?だよね?

いつ女の子ってバレるのかも気になる見どころ!

次回も楽しみ!

 

黒執事(29) (Gファンタジーコミックス)

 

その他黒執事の記事はこちら。