ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『黒執事155話 その執事、欠場』最新 あらすじ&感想 Gファンタジー 枢やな

引っ越して快適なbitchyamaです、こんばんは!

めちゃめちゃ作業捗る…。

 

メイリンが動き始めるが…?

前回までのネタバレはこちら

www.yamanerd.com

 

青の教団編まとめ 

対象話数

109話〜現在まで連載中

 

 

 

冒頭の導入

ある日、エリザベスの兄エドワードの元に、かつてウェストン寄宿学校を放校処分となった前プリーフェクトの"ハーマン・グリーンヒル"が訪ねてきた。(寄宿学校編に登場)

グリーンヒルから「スフィア・ミュージックホール」で行われるという集会に是非にと誘われ、その押しの強さに根負けしたエドワードは仕方なく出向くことにした。

ミュージックホールで行われていた集会は、エドワードが今までに経験してきたいずれのパーティーとも異なって、貴賎の隔たりなく、会話や食事の楽しめる空間がそこには用意されていた。
前P4の先輩たちは、子どもたちと遊んだり勉強を教えたり絵を描いたりと、その集会の中で気ままに活き活きと過ごしていた。
その中でひときわ注目を集めていたのは、"ブラバッド"という占い師だった。


帰宅したエドワードを待っていた妹・エリザベスに、集会が楽しかったことを話すと、エリザベスは興味津々で、次回は自分も行きたいと伝えた。

後日、女王からシエル宛に手紙が届いた。
それは例のミュージックホールの集会についての要件であった。
気になって女王から調査をかけたものの、異状報告は得られなかった。
しかし、派遣した調査員たちは、その後集会に足繁く通っているという。
一体あのミュージックホールで何が起こっているのか、よからぬ企みでもあるのでは、という内容の手紙であった。

手紙を読み終えたシエルの元へ、エドワードが珍しく事前に手紙も寄越さず血相を変えてやってきた。
何かあったのかとエドワードに問いかけると、その口から出てきたのは「エリザベスが家出した」という衝撃の事実だった…。

 

 

 

スフィア・ミュージックホールで行われていたこと

  • スフィアミュージックホールは、輸血の研究のために運営されていた。
  • 血液を垂らした薬液の反応を見て、ポラリス、ベガ、カノープスシリウスの4種に分けて判別し、相互に拒絶反応を回避する技術を確立させていた。
  • 研究所内にあった血液はポラリス44%、ベガ44%、カノープス10%、シリウス2%。これは血液型を表しており、シリウスはAB型。
  • この血液は全て、スフィア・ミュージックホールの教祖「蒼き星・シリウス」のために集められていたものだった。
  • そのシリウスの正体は、シエルの双子の兄である本物の"シエル・ファントムハイヴ伯爵"。
  • 兄は、アンダーテイカーによって生き返らされた死人である。

 

エリザベスがいなくなった理由

シエルの兄(エリザベスの本来の婚約者)が戻ってきたため。

 

兄の死因とセバスチャンの登場

かつて、悪魔信仰をしている教団に襲撃されたシエルと兄は、そこで"生贄の儀式"に捧げられる供物となった。

祭壇に乗せられた兄の腹には剣が突き立てられ、これが原因で兄は死亡した。

そして、兄を"渡り賃"として、シエルはセバスチャンを召喚した。 

 

 

 

現在調べている内容 

兄が血を必要としているのなら、なるべく死者を出さずに血液を集めるための組織を何らかの形で構築しているはずだと踏んだシエル。

そこで、アンダーテイカーが裏で操っていた組織「暁(アウローラ)学会」の所属員が絡んでそうな事件を洗うことにした。

 

①ノーズヨークシャーのヒースフィールド男爵邸
新聞に厚待遇な雇用条件でメイド求人広告が掲載され、使用人紹介所を介して雇用されたメイドの数は100名を超える。

にもかかわらず、未だに募集記事を出し続けている。

カルスタイン病院の元ナースが数名、メイドとして勤務。

 

ノーフォークの新設児童養護院

英国各地から未成年の孤児を集め、独自メソッドによる高度な教育を受けさせている。

アウローラ学会に所属していた貴族から、多大な寄付を確認。

 

③ウィルトシャーの退役軍人療養所

「奇跡の癒しの手」と呼ばれる看護婦がおり、植民地紛争で身も心も傷つき再起不能とされた兵士たちを数多く社会復帰に導いている。

アウローラ学会に所属していた医師が多数勤務。

 

④ブライトンの新リゾートホテル

リーズナブルな宿泊費に対し、ホスピタリティが素晴らしく、バカンス期間終了後も滞在を延長する客が多数いる。

中には、自宅を引き払うものまでいるのだとか。 

アウローラ学会に所属していた貴族が支配人を務める。

 

 

 

それぞれ、下記のメンバーで調査にあたっている。

  • ノーズヨークシャーのヒースフィールド男爵邸:メイリンとランマオ
  • ノーフォークの新設児童養護院:フィニとスネーク
  • ウィルトシャーの退役軍人療養所:バルドとラウ
  • ブライトンの新リゾートホテル:シエルとセバスチャン

 

あらすじ 

※シエルの本名が明かされていないので、本物のシエルを「兄」、主人公のシエルを「シエル」と書きます。

 

メイリンの動きを背後から制したのは、教育係のジェーンだった。

そのままメイリンに対して、ヒースフィールド男爵に気付かれないために声を潜めるよう指示する。

 

ジェーンと共に給湯室へ移動したメイリン

お茶を差し出されて、消灯時間を守らなかったことを注意されてしまう。

メイリンは謝罪の言葉を述べながらも、先程ジェーンが気配を表さずに近づいてきたことに疑問を感じた。

 

 

 

ヒースフィールド男爵が屋敷に戻るたびに、気に入ったメイドを部屋に呼び出すという噂は本当だった。

遊びというよりは、「奥様の代わり」を探しているのだと、ジェーンは呟く。

ヒースフィールド男爵は、数年前に妻と娘を馬車の事故で亡くしていた。

それ以来、ずっと妻に似た女性を探し求めて夜毎メイドを部屋に呼ぶようになったのだという。

ずっとメイドを募集し続けているのは、その理由からだった。

 

しかし、ここにいるメイドたちは髪の色や人種もバラバラで、おおよそ妻に似た女性を探し出すには遠いのでは…とメイリンは疑問を口にする。

その質問に対してジェーンは、見た目だけ似ている女性を探しているのではないと答えた。

声や性格、体の相性。そして、魂の形。

似ていると言っても、様々な可能性があるのだと。

そして、ヒースフィールド男爵が変わっているから、と付け加えて会話を終わらせた。

 

 

 

ヒースフィールド男爵に呼び出された新人メイド・アニーは、ほどなくしてお屋敷を辞めてしまった。

不興を買ったのか、はたまた飽きられたのか。

真偽は定かではないが、ヒースフィールド男爵の相手をする枠が空いたということで、メイドたちは色めき立っていた。

 

朝の挨拶を終えたところで、メイドたちはヒースフィールド男爵からメッセージを受け取っていないか探し始める。

袖の中にメッセージを見つけたのは、なんとランマオだった。

 

その夜、メイリンの指示を受けて、ランマオはヒースフィールド男爵の部屋へと足を運ぶことに。

できるだけ気を持たせて話を聞き出すか、うまく眠らせて手がかりを探すかの2択だ。

もし何らかの証拠が見つかれば、そこで引き上げることができる。

メイリンは前回覗きが見つかって咎められたので、今回は部屋で待機していることにした。

 

 

 

しかし朝まで待っても、ランマオは戻ってこなかった。

そうこうしている内にジェーンがやってきて、玄関ホールのシャンデリア磨きを始めるようにと指示し始める。

ランマオが戻ってこないことを相談するメイリンだったが、ジェーンは「旦那様のお気に召しただろうから数日は離してもらえないかもしれない」と答えた。

うまくいけば、妹(という設定で潜入している)のランマオがヒースフィールド男爵夫人になれるかもしれない。

だからいいだろう、と答えるジェーンの目は下卑た雰囲気を湛えていた。

 

ランマオが大人しく言いなりになるとは思い難い。

何かが起こったのだと察して、メイリンは冷や汗を流した。

 

 

 

感想

不穏すぎる男爵邸…。 

ジェーンが本当に怪しすぎるんだけど、同じように潜入してる別組織の人だったりしないのかな…?

ここまであからさまで「敵でした」でもいいけど、それだとちょっと予想通りすぎるから一捻りあってもいいかも。

でもそうなると、他のエピソードにいつまで経っても到達しなさそうだから、そこはさくっといくでもいいのかもーーー。

まだ謎が深まるばかりで解決の兆し見えないね。ドキドキ。

次回も楽しみ!!! 

 

黒執事(28) (Gファンタジーコミックス)

 

その他黒執事の記事はこちら。

https://www.yamanerd.com/archive/category/%E9%BB%92%E5%9F%B7%E4%BA%8B