ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『黒執事151話 その執事、無精』最新 あらすじ&感想 Gファンタジー 枢やな

飲み会で遅くなっちゃったbitchyamaです、こんばんは!

帰ってすぐ黒執事のネタバレ書いちゃうよー。

 

孤軍奮闘の坊っちゃんは…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

青の教団編まとめ 

対象話数

109話〜現在まで連載中

 

 

 

冒頭の導入

ある日、エリザベスの兄エドワードの元に、かつてウェストン寄宿学校を放校処分となった前プリーフェクトの"ハーマン・グリーンヒル"が訪ねてきた。(寄宿学校編に登場)

グリーンヒルから「スフィア・ミュージックホール」で行われるという集会に是非にと誘われ、その押しの強さに根負けしたエドワードは仕方なく出向くことにした。

ミュージックホールで行われていた集会は、エドワードが今までに経験してきたいずれのパーティーとも異なって、貴賎の隔たりなく、会話や食事の楽しめる空間がそこには用意されていた。
前P4の先輩たちは、子どもたちと遊んだり勉強を教えたり絵を描いたりと、その集会の中で気ままに活き活きと過ごしていた。
その中でひときわ注目を集めていたのは、"ブラバッド"という占い師だった。


帰宅したエドワードを待っていた妹・エリザベスに、集会が楽しかったことを話すと、エリザベスは興味津々で、次回は自分も行きたいと伝えた。

後日、女王からシエル宛に手紙が届いた。
それは例のミュージックホールの集会についての要件であった。
気になって女王から調査をかけたものの、異状報告は得られなかった。
しかし、派遣した調査員たちは、その後集会に足繁く通っているという。
一体あのミュージックホールで何が起こっているのか、よからぬ企みでもあるのでは、という内容の手紙であった。

手紙を読み終えたシエルの元へ、エドワードが珍しく事前に手紙も寄越さず血相を変えてやってきた。
何かあったのかとエドワードに問いかけると、その口から出てきたのは「エリザベスが家出した」という衝撃の事実だった…。

 

 

 

スフィア・ミュージックホールで行われていたこと

  • スフィアミュージックホールは、輸血の研究のために運営されていた。
  • 血液を垂らした薬液の反応を見て、ポラリス、ベガ、カノープスシリウスの4種に分けて判別し、相互に拒絶反応を回避する技術を確立させていた。
  • 研究所内にあった血液はポラリス44%、ベガ44%、カノープス10%、シリウス2%。これは血液型を表しており、シリウスはAB型。
  • この血液は全て、スフィア・ミュージックホールの教祖「蒼き星・シリウス」のために集められていたものだった。
  • そのシリウスの正体は、シエルの双子の兄である本物の"シエル・ファントムハイヴ伯爵"。
  • 兄は、アンダーテイカーによって生き返らされた死人である。

 

エリザベスがいなくなった理由

シエルの兄(エリザベスの本来の婚約者)が戻ってきたため。

 

兄の死因とセバスチャンの登場

かつて、悪魔信仰をしている教団に襲撃されたシエルと兄は、そこで"生贄の儀式"に捧げられる供物となった。

祭壇に乗せられた兄の腹には剣が突き立てられ、これが原因で兄は死亡した。

そして、兄を"渡り賃"として、シエルはセバスチャンを召喚した。 

 

 

 

あらすじ 

※シエルの本名が明かされていないので、本物のシエルを「兄」、主人公のシエルを「シエル」と書きます。

 

ミッドフォード侯爵家を訪れた兄は、事の成り行きを説明する。

それは、10歳の誕生日に秘密結社に売り飛ばされた悲劇から始まり、儀式の生贄となったこと、その際に重症を負った兄をアンダーテイカーが救い出してくれたことなどだった。

 

顔を見合わせるアレクシス(リジーエドワードの父)とフランシス(リジーエドワードの母)。

フランシスは自身の兄であるヴィンセント時代からアンダーテイカーを知っているようで、苦々しい表情を向けた。

そして、アンダーテイカーの外見がヴィンセント存命の頃から変わっていない、ということを指摘する。

しかしアンダーテイカーは適当にはぐらかした。

 

アンダーテイカーが傍にいる以上、兄の話を信じる他はなかった。

ただしここで、シエルがなぜ兄になりすまそうとしたのか、という疑問がフランシスから呟かれる。

継承権を持つ次男が、兄の爵位をものにしたいなどと思うはずもないだろうし、そこまで愚かではないだろうから。

兄は、シエルがなりすまそうとしていたことを責めるつもりはないと話す。

なにか考えがあったのだろうと告げ、シエルが立派に伯爵としての役目を果たしていたことを称賛する。

そして、自分自身も今度は本当のファントムハイヴ伯爵として役目を果たさなくてはならないと決意を新たにした。

それは、一族が請け負ってきた「女王の番犬」の使命も含めてということを意味する。

 

 

 

体の調子がまだすぐれないのだと話す兄を、フランシスは労う。

その言葉に優しいほほ笑みを向けながら、兄は素直に「はい、叔母様」と答えた。

 

屋敷に戻った兄のもとに、タナカが沢山の資料を持って訪れる。

それは、ファントムハイヴ領の地代に関する帳簿や、シエルが推進していた領地開発の計画書(水路の拡張などが進行)、そして、領地から産出される資源の価格変動と、借地収入の関連性をまとめた資料などなど…。

うず高く積まれた資料を前にして、兄は辟易とする。

 

その一つを手にとって調べてみると、シエルが家督を継ぐ少し前から領地収入が減ってきているということがわかった。

アメリカから安価な農作物が輸入され、英国内の価格が下落しているためである。

打開策として農地開発などを行っていたシエルの痕跡を見て、領民の生活を保証する領主の努めに兄も納得を示す。

 

 

 

そして、それよりも先に急ぎ手配しなくてはならないものがあった。

新しい使用人の雇用である。

シエルにはセバスチャンという働き者で有能な執事がいたため少人数で賄えていたが、ヴィンセントの時代には30人以上を雇っていたと思われる。

上級使用人をミッドフォード侯爵家に紹介してもらえないか打診してみてはどうか、というタナカの提案に、兄は二度手間だとうんざりした表情を向けた。

そして、アンダーテイカーに執事の仕事ができないのかと問いかける。

しかしもちろん、そのような素養は持ち合わせていないため、一瞬で断られてしまった。

ここで"ポラリス"や"ベガ"たちという名前が挙がるものの、兄の食料(血液)を探しに奔走しているため難しいと言われてしまう。

 

そこから二時間ぶっ通しで仕事をこなす兄に、少しは休憩したらどうだと気休めの言葉を投げかけるアンダーテイカー。

ならば手伝えと兄はぶっきらぼうに言うが、アンダーテイカーは土地の運営の知識や興味など微塵もないといつもの笑顔で返す。

 

 

 

ちょうどその時、タナカから領主の仕事とは異なる件で玄関ホールに呼び出される兄。

足を運ぶと、そこには大量のビターラビットが搬入されていた。

それは全て、シエルが経営していた菓子・玩具メーカー「ファントム社」のクリスマス新商品だという。

兄はこの光景を見て、高らかに笑う。

シエルは復讐のために生きていると言いながらも、きっちり自分の夢も叶えていたのだとわかったからだ。

それは決して悔しさからの言葉ではなく、シエルの成長を知ることができて嬉しいという感情からのもの。

これからは女性や子供に向けた商品の需要が増える時代だと読んでいたシエルは、ファントム社の業績も右肩上がりに導いている。

シエルの賢さを褒め称える兄は、これも全て地代の低下を補うための事業だったのだと理解した。

そして、自分ならば通信か鉄道に投資していただろうとも…。

 

ただし、これらの事柄が兄の意志を変えるわけではない。

笑顔のままでビターラビットの施策品は全て処分するようにタナカに伝えると、その場を後にする。

タナカはその背中を見送りながら、小さく「かしこまりました」と呟いた。

 

 

 

感想

坊っちゃんがひたすらにすごい…!という話だった。

小さい身体で、一人でこれだけの事をこなしていたのかという…。

セバスチャンも変に甘やかしたりはしないだろうし、全てを背負って立ってたんだなぁという涙が出るような話だった。

 

それなのに兄ーーーーーーーー!?!?!?

ビターラビット処分とか鬼畜の所業すぎるやろ…。

そこは坊っちゃんのことも認めて、事業やる気がないならちゃんと誰かに引き継ぐなりしてよーー。

このままだと領民からも総スカンくらいそうだなぁ。心配。

そしてタナカはやっぱり坊っちゃん派なのでは…?という感じがしてきた。

 次回も楽しみ!!!

 

黒執事(28) (Gファンタジーコミックス)

 

その他黒執事の記事はこちら。

https://www.yamanerd.com/archive/category/%E9%BB%92%E5%9F%B7%E4%BA%8B