ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『黒執事145話 その執事、護送』最新 あらすじ&感想 Gファンタジー 枢やな

明日から韓国でうきうきのbitchyamaです、こんばんは!

今年2回目。

 

エリザベスの吐露した心情は…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

青の教団編まとめ 

対象話数

109話〜現在まで連載中

 

 

 

冒頭の導入

ある日、エリザベスの兄エドワードの元に、かつてウェストン寄宿学校を放校処分となった前プリーフェクトの"ハーマン・グリーンヒル"が訪ねてきた。(寄宿学校編に登場)

グリーンヒルから「スフィア・ミュージックホール」で行われるという集会に是非にと誘われ、その押しの強さに根負けしたエドワードは仕方なく出向くことにした。

ミュージックホールで行われていた集会は、エドワードが今までに経験してきたいずれのパーティーとも異なって、貴賎の隔たりなく、会話や食事の楽しめる空間がそこには用意されていた。
前P4の先輩たちは、子どもたちと遊んだり勉強を教えたり絵を描いたりと、その集会の中で気ままに活き活きと過ごしていた。
その中でひときわ注目を集めていたのは、"ブラバッド"という占い師だった。


帰宅したエドワードを待っていた妹・エリザベスに、集会が楽しかったことを話すと、エリザベスは興味津々で、次回は自分も行きたいと伝えた。

後日、女王からシエル宛に手紙が届いた。
それは例のミュージックホールの集会についての要件であった。
気になって女王から調査をかけたものの、異状報告は得られなかった。
しかし、派遣した調査員たちは、その後集会に足繁く通っているという。
一体あのミュージックホールで何が起こっているのか、よからぬ企みでもあるのでは、という内容の手紙であった。

手紙を読み終えたシエルの元へ、エドワードが珍しく事前に手紙も寄越さず血相を変えてやってきた。
何かあったのかとエドワードに問いかけると、その口から出てきたのは「エリザベスが家出した」という衝撃の事実だった…。

 

 

 

スフィア・ミュージックホールで行われていたこと

  • スフィアミュージックホールは、輸血の研究のために運営されていた。
  • 血液を垂らした薬液の反応を見て、ポラリス、ベガ、カノープスシリウスの4種に分けて判別し、相互に拒絶反応を回避する技術を確立させていた。
  • 研究所内にあった血液はポラリス44%、ベガ44%、カノープス10%、シリウス2%。これは血液型を表しており、シリウスはAB型。
  • この血液は全て、スフィア・ミュージックホールの教祖「蒼き星・シリウス」のために集められていたものだった。
  • そのシリウスの正体は、シエルの双子の兄である本物の"シエル・ファントムハイヴ伯爵"。
  • 兄は、アンダーテイカーによって生き返らされた死人である。

 

エリザベスがいなくなった理由

シエルの兄(エリザベスの本来の婚約者)が戻ってきたため。

 

兄の死因とセバスチャンの登場

かつて、悪魔信仰をしている教団に襲撃されたシエルと兄は、そこで"生贄の儀式"に捧げられる供物となった。

祭壇に乗せられた兄の腹には剣が突き立てられ、これが原因で兄は死亡した。

そして、兄を"渡り賃"として、シエルはセバスチャンを召喚した。 

 

 

 

あらすじ

※シエルの本名が明かされていないので、本物のシエルを「兄」、主人公のシエルを「シエル」と書きます。 

 

逮捕されたシエルとセバスチャン、ブラバットの3人は、雨が降りしきる森の中を馬車に乗せられ護送されていた。

犯罪者には容赦しないと言うかのように運転は手荒で、ブラバットは思わず後頭部を車中にぶつけて「シリウス様を乗せているんだから安全運転してほしい」と文句を言う。

そのわざとらしい言葉にシエルは反応せず、沈黙を貫いていた。

 

ブラバットがシエルに対して、名門伯爵家当主から連続殺人犯へ堕ちた気分はどうだと問いかけると、代わりにセバスチャンが答える。

カリスマ占い師から囚人に転落したのはブラバットも同じだ、と。

しかしブラバットは軽く笑いながら、これも仕事のうちなのだということを言ってのけた。

 

ブラバットが最初にシエルに対して行った占いで「ブラックホール(コラブサー)に惹かれて軌道を外れた星は永遠に闇の中を彷徨うだろう」と言ったことは当たっていた。

それをホット・リーディング(いかさま)だとセバスチャンはバカにしたように言い放つが、それでもブラバットはただの占いではないという風に返す。

 

 

 

でも君のことは

見た瞬間わかったよ

"違う"って

 

セバスチャンはその返答に疑問符を浮かべる。

しかしそこでタイミング悪く、馬車を運転していたスコットランド・ヤードから私語を慎むよう厳しく注意されて会話は中断してしまった。

 

セバスチャンはスコットランド・ヤードに意味深な言葉を投げかける。

 

警視庁(スコットランド・ヤード)の皆様

お気を付け下さい

ファントムハイヴ領は夜になると

獰猛な獣が出ますので

 

セバスチャンの台詞とともに、スコットランド・ヤードの肩にコブラが落ちてくる。

続けて馬車の進む道を塞ぐように大きな木が倒れてきて、さらには馬車の車輪まで何らかの外的要因で外れてしまった。

大きく横に滑りながら転倒する馬車の破壊音が、雨の森に響いた。

 

 

 

一方、ファントムハイヴの屋敷では、いつの間にか戻ってきたアンダーテイカーが兄に対して、使用人たちを野放しにしてよかったのかと問いかけていた。

兄は歯牙にもかけない様子で、今までシエルと兄弟喧嘩をしたことがないのだと微笑む。

なぜなら兄は、これからシエルと本気で兄弟喧嘩できることが楽しみで仕方がないからだった。

結局兄のもとに残ったのは先々代からファントムハイヴ伯爵に仕えてきたというタナカだけだったが、兄は余裕そうにほほ笑みを浮かべながら紅茶を一口含んだ。

 

バーラインは追走する別の馬車の中で、一人考えを巡らせていた。

その理由は、どうにもシエルが兄に成り代わる動機が見当たらないからだった。

 

  • 長男が行方不明になったのであれば、正当な手続きをふむことで次男のシエルが爵位も財産も手にできたはず
  • しかし当主の遺体も遺言もない場合、相続が認められるには何十年もかかる場合がある
  • 身分と財産を手っ取り早く手に入れたいか、それとも兄と父が連続で死亡したことによる相続税を支払いたくなかったか、という理由はあり得なさそう

 

 

 

単純な理由のみで女王の番犬という大変な役目まで引き受けるわけがない、とアバーラインは考える。

しかしそこまで考えたところで、眼前に転倒した護送車が見えてきたため思考を中断することに…。

 

護送車の近くに倒れた大木に座っていたのは、ブラバットだけだった。

何があったと問いかけるアバーラインに対して、ブラバットは"不慮の事故"で横転してしまっただけだとうそぶく。

そして忽然と姿を消したシエルとセバスチャンは、投げ出されて谷底にでも落ちたのではないか?と伝えた。

 

その回答を聞いて早急に捜索隊を出すように命じたアバーラインは、ひとまずブラバットを自分の馬車に乗せることにした。

ブラバットは馬車へ向かう最中、行方をくらませたシエルたちを見遣るように後方に目線を向けながら「高等法院での戦いをたのしみにしていたんだけどな」と呟いた。

 

雨上がりに霧が立ち込める夜明けの森で、シエルを抱きかかえながらセバスチャンが佇んでいた。

そこへバルドの運転する作業用の馬車で、フィニ、メイリン、スネークらが駆けつける。

セバスチャンは「賃金を取り立てに来た」と頼もしく微笑む彼らに対して、困ったようにはにかみながらため息をもらした。

 

 

 

やれやれ

今すぐには無理だと言ったはずですが

こういう時ばかり仕事が早いんですから

現金な使用人ですね

 

こうしてシエルとセバスチャンらは、一旦の整理をするためにも逃亡をすることにしたのだった。

 

感想

坊っちゃんが今回も全くおしゃべりしなかった…!

なにかあるんだろうか!? 

ただ今後のことを企んでるだけだよね。

お兄ちゃんも「兄弟喧嘩できそう」ってわくわくしながら言ってたし…(いやそれでいいのか?って感じだけど)

 

あと最後使用人たちが駆けつけた瞬間、もーーーーーーーーー!最&高すぎる!って思った…。

みんな坊っちゃんについてきたんだね、さすがすぎる…。

こうなるとタナカもなんらかの理由あって残った気がするよね。

さて、逆転劇はいつになることやら…。

 

 

 

ブラバットの言ってた意味も気になるし、本当は人外ってキャラが増えてきたな〜。

そろそろ私の推しであるチャールズ・グレイさんが出てきて助けてくれたりしないかな?! 

 

 

その他黒執事の記事はこちら。

www.yamanerd.com