ネタバレ『青の祓魔師 117話 SsC23:17h』最新あらすじ&感想 青のエクソシスト 青エク ジャンプスクエア 加藤和恵

ネタバレ『青の祓魔師 117話 SsC23:17h』最新あらすじ&感想 青のエクソシスト 青エク ジャンプスクエア 加藤和恵 photo 0

新年あけました!

bitchyamaです、おはようございます!

 

燐は調伏されるが…?

前回までのネタバレはこちら。

yamanerd.com

 

あらすじ

サタンを体から追い出すために、自刃した獅郎。

ダメージを負いながらも、サタンはユリの元へ手を伸ばし「愛している」と縋り付く。

しかし、ユリと獅郎から、奪うことしか出来ないその執着は愛ではないと告げられ、サタンはその場から姿を消した。

 

 

 

全身に負担がかかるユリの元にグリゴリ(賢聖)のシュミハザが現れ、産褥期を早めることを告げる。

そして、エリクサーの実験体としての効果で傷の治りが元から早い獅郎も、細胞を活性化させるシュミハザの皇気のおかげですぐに自刃した傷を塞ぐことが出来た。

しかしシュミハザが現れたのは、ユリを救うためではない。

サタンがユリを求めたことで、青い炎に巻かれて重症を負い、または亡くなった三賢者、四大騎士、聖騎士、多くの祓魔師たち。

その元凶となったユリに対して、被害を食い止めるために殉職するように命じるためだった。

もちろんその対象はユリだけではなく、子どもたちも含むものだった。

そこで、子どもたちを守ろうとして抵抗するユリを庇ったのは、獅郎だった。

シュミハザに銃を向け、反逆罪とも捉えられる行動をしながら、ユリを助けるためにその場から連れ出した。

その場で成り行きを見守っていた燐も、獅郎たちの後を追って出ていく。

しかしこの時シュミハザは、ユリの命が長くは続かないことを悟っていた。

 

 

 

寒空の下で、子どもたちを連れて逃げる獅郎とユリ。

獅郎は、近くにあるイエティの見張り台を改造して隠れ家にしているらしく、吹雪が弱まったら移動しようとユリに持ちかけた。

獅郎が探してきた服で暖を取りながら、次の行動に備える2人。

ユリはそこで、燐と雪男の名前を決める。

派手に爆誕してきたため、燐火から名前を取って”燐”。

ネタバレ『青の祓魔師 117話 SsC23:17h』最新あらすじ&感想 青のエクソシスト 青エク ジャンプスクエア 加藤和恵 photo 1

小さい子の方は、暖かくて優しい人を表す”雪男”。

昔と変わらない2人のやりとりを交わしながら、僅かばかりの平和な時間を過ごした。

 

吹雪がおさまり、獅郎の隠れ家である見張り台が見えてきた。

出発しようというところで、ユリが倒れそうになる。

そのやつれた表情を見た獅郎は、やはりとどまるように促すがユリは笑顔で「大丈夫だよ」と返した。

せめてユリが歩くのに専念できるようにと、獅郎は子どもたちを抱えて先を急いだ。

その道中で、獅郎はユリに対して、今度こそ一緒に暮らして、母親役と父親役を一緒にしようと言う。

ぶっきらぼうにプロポーズのようなことをする獅郎の後ろ姿を見て、ユリは承諾しながらも涙ぐむ。

しかしそこでユリは倒れてしまった。

獅郎はユリを背負って歩みをすすめる。

その背中の上で、ユリは2人で暮らす幸せな未来の日々を語る。

 

 

 

あと少しのところで、ユリは獅郎の背中からずり落ちる。

もうユリの命が長くないことを表していた。

ユリは最後に一言だけ呟いた。

 

燐 雪男

兄弟仲良くね

 

そして瞳を静かに閉じて、意識を手放した。

獅郎はまだ暖かさの残るユリを抱きしめて、初めて会った時からずっと好きだったと口づける。

だからまだ逝かないでほしいという懇願をしながら。

しかしもうユリの耳には届かない。

獅郎は全てに対して不甲斐ない自分を責めながら、涙を流して絶叫した。

 

 

 

感傷に浸る暇もなく、胸元で燐と雪男が泣き声を上げる。

ネタバレ『青の祓魔師 117話 SsC23:17h』最新あらすじ&感想 青のエクソシスト 青エク ジャンプスクエア 加藤和恵 photo 2

獅郎は行き場のない怒りを込めた目で子どもたちを睨みつけると、一瞬投げ捨てようとした。

そこで、背後から絶滅したはずのイエティが現れる。

イエティの一撃は獅郎たちを襲い、全員がバラバラに吹き飛ばされた。

ユリを失った獅郎には抵抗する気力も残っておらず、一人虚ろな瞳で雪原を見つめていた。

 

ちょーどいい

このまま死んじまえ

もっとやさしくしてやれた

守ってやれたのに

ボロボロにして死なせた

 

悪魔(バケモノ)を笑えねぇ

俺は最悪の悪魔(クズ)以下

 

もうなんもやる気おきねーや

 

 

 

感想

ぬおおおお、ここでユリが亡くなっちゃったのか…。

次々に辛いことが起こって受け止められない…。

そだよね、出産は命がけだよね。

しかもそれがサタンの子だと、なおさら命をすり減らすよね…。

ここからどうやって獅郎があんな人格者になったのか気になる。

次回もつらそうだーーー。

 

 

その他青の祓魔師の記事はこちら。

https://yamanerd.com/archive/category/%E9%9D%92%E3%81%AE%E7%A5%93%E9%AD%94%E5%B8%AB

 

 

 

Rate article