ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『弱虫ペダル 454話 支えあうチーム!!』最新 あらすじ&感想 週刊少年チャンピオン 渡辺航

細切れ睡眠で授乳してるbitchyamaです、おはようございます!

ちょっとずつまとまって寝てくれるようになってきた。(うまくいかないときもあるけど…)

 

青八木の思いを受け継ぐ鏑木は…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

青八木の思いを受け継いでチームのために走る鏑木は頼もしく、小野田は満面の笑みで手嶋へ成長を感じていることを告げた。

手嶋もその気持ちに同意し、青八木や古賀が”まっすぐに伸びる”、”一番伸びしろがある”と言っていたとも告げた。

 

 

 

小野田は鏑木の走りを見て胸の高鳴りを感じる。

 

なんだろう この思い

胸のあたりがくすぐったくて熱くなる

去年は”この感じ”はなかった

 

2年生になって新しい1年生が入ってきて

一生懸命がんばる1年生を見て

1年生たちも少しずつ成長して

 

勝つことだけに一生懸命だった鏑木くんが

先輩たちがおっしゃってた

”支えあってーー託した者の思いを背負って走る”

っていう総北の走りを

 

 

 

鏑木くんが 今 全身でやってるんだ!!

 

成長してる

どんどん強くなっていく

それを肌で感じることができる

 

すごい…

やっぱり

自転車ってすごい!!

 

想いを受け継いで

走りで語って

ボクももっともっと先に進みます!!

 

 

 

小野田が感じている思いは、今泉や鳴子も同様だった。

青八木からチームを託されて引いていると感じている鏑木は、銅橋に負けず強く加速していく。

銅橋も負けてはおらず、泉田の言葉を受けて全身で引きちぎろうと仕掛けてきた。

 

そこで突如、鏑木の脚が攣ってしまう。

追いついてこられないようだと察した泉田は、箱学の勝ちだと余裕の笑みを向けた。

しかし、総北は支え合うチームだと手嶋が叫んだ途端、小野田、鳴子、今泉の3名が代わりに引くと言い前に出る。

治るまで後ろに下がっていろと言う今泉と鳴子、肩を貸すという小野田。

鏑木は脚を治しながら、頼もしい先輩たちの連携を実感する。

 

くそ何なんだよこれ!!

小野田さん 鳴子さん 今泉さん!!

最高だよ!!

 

 

 

すごいタイミングで助けに入ってくれて

ダブルエースが前引いてくれて

山の”1番”が肩貸してくれて!!!

 

なんだよこれ!!

最高に気持ちがアガる!!

 

今なら言えるはっきりと

総北は最高のチームだ!!

迷った時もあった

信じられないと思ったこともあった

だけど今なら言い切れる!!

 

だからオレは走る

 

 

 

脚を治した鏑木は再び前に出て、小野田、鳴子、今泉に向かってぺこりと頭を下げた。

それは迷いのない鏑木の意思の現れだった。

 

ありざした

先言っとこうと思って

このあと全開やるんで

酸欠でたぶん

最後何ンも言えなくなるから

 

感想

やっぱりスプリンターはここで出番が終わっちゃうのね(`;ω;´)

最後の鏑木、真波っぽいカットだった!でもかっこいい。

先輩たちの思いを受け継いで走る鏑木の姿勢に泣ける。

ちなみに鳴子と今泉をダブルエースって言ってたけど、そういう認識なの??

はじめて知ったんだけど…笑(見落としかしら…) 

 

TVアニメ「弱虫ペダル NEW GENERATION」キャラクターソング Vol.05 青八木 一 & 鏑木一差
 

 

その他弱虫ペダルの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村