ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『弱虫ペダル421話』あらすじ&感想 週刊少年チャンピオン 渡辺航

木曜日は謎にバタつくbitchyamaです、こんばんは!

でも最近ちゃんと夜に更新できてる自分を自分で褒めたい…!笑

 

 

巻ちゃんと東堂の回はまだ続く…?

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

巻島と東堂の一騎打ち非公式レース、そして追いかける小野田の自転車のライトを遠目に見ていた真波は、後輩に不思議がられながらもその光を見つめていた。

滾る気持ちに火がついたままの真波は、見張り(遅刻魔の真波が翌日寝坊しないように)をしている後輩たちの目を盗んで、自転車にまたがった。

 

一方、山頂でレースを終えた巻島を見た小野田は、緊張しながらも彼の変わってなさに安心を感じていた。

巻島は去り際に、海外まで何度も手紙を送ってくれた小野田に礼を言い、そこに書いてあった”不安”に対して言葉で返す。

 

迷うかァ坂道

おまえからもらった直前の手紙の最後に

”今年のインターハイは不安です”ってあった

 

こうしなくちゃこうでなくちゃと

自分が自分をしばっちまうもんだ 

 

おめーのことだ

去年と比べてああだこうだと

頭かかえてるんじゃないかと思ってな 

 

けど気にすんなそゆのは

基本はずっと同じショ

おめーのスタイル

おめーの手紙と同じアニメのこと書きたきゃめいっぱい書け

 

貫け

自転車は自由だ

自分らしさ最後まで貫けたら

それ最高にカッコイイ ショ!!

 

 

 

巻島の言葉に闘志を燃やす小野田を見て、東堂は坂道のライバルである真波に思いを馳せる。

真波もまた、小野田と同じく最終日のレースに向けて、とっておきの競り合いが出来ることを楽しみにしていた。

夜更けの非公式レースに触発された2人にとっての、インターハイ最終日が始まろうとしていた。

 

感想

小野田と真波の最終決戦の予感が高まってきたー!

やっぱり今年もこの2人の一騎打ちレースになるんかねー。

去年とはまた違った展開になるのかな?

 

巻ちゃんカッコイイこと言って帰っちゃったけど、東堂も多めで嬉しい回でした!

次回も楽しみっ!

 

弱虫ペダル Bigクッションストラップ 東堂尽八

弱虫ペダル Bigクッションストラップ 東堂尽八

 

 

その他弱虫ペダルの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村