ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『弱虫ペダル41巻』あらすじ&感想 8/7発売 少年チャンピオン 渡辺航

今日は外が暑すぎてタクシー使っちゃったbitchyamaです、こんばんは!

会社から近かったのに(^o^)

そして、コミックスネタバレで更新おそくなっちゃった。 

 

8/7発売の『弱虫ペダル』最新41巻を読んだよー!

 

弱虫ペダル 41巻/作者:渡辺航少年チャンピオン 

弱虫ペダル 41 (少年チャンピオンコミックス)

弱虫ペダル 41 (少年チャンピオンコミックス)

 

 

前回の40巻ネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

「変態」する御堂筋のシーンからはじまる41巻。

背中から羽生えました(∩´∀`)∩

ゴールまで残り250Mのところで、先頭を走る鳴子に並ぶ御堂筋は、風の抵抗を受けない虫のような直線ポーズで、「ブブブブブ」と羽音を口ずさむ。

そんな御堂筋を見て、鳴子は大阪での勝負を思い出していた。

敗戦の悔しさから磨いた身体、そして必殺技をにおわせる鳴子

 

残り150Mとなったゴール前に追いつこうとしているのは、箱根学園の黒田・葦木場だった。

黒田の背中を見ながら、葦木場は、ハコガク一番を背負った重みを感じ、「オレは強いよ!」 と吠える。

 

福ちゃん「オレは強い」

手嶋「オレは弱い」

葦木場「オレは強いよ!」←new!

 

死にものぐるいのコーナリングを重ねながら進む黒田。

落車の勢いと引き換えに、残り100M地点で葦木場の背中を押して前へと出させた。

 

一気に鳴子・御堂筋と距離をつめ始める葦木場。

躍動する御堂筋の描写に、気合が入っているゴール前の接戦。

スプリントという一番大切なものを捨ててまで挑んだ、鳴子の覚悟も見える残り30M。

そして、王者の地位を奪われた今、ハコガクには失うものが何もないと、捨て身で臨む葦木場。

 

それぞれの思いが交差し、そして各学校だけでなく、先輩たちも見守るゴール前。

最初に一日目のゴールを獲ったのは、箱根学園・葦木場だった。

誇らしげに天を仰ぐ葦木場。

御堂筋・鳴子は同着2位に終わった。悔しがる2人。

一日目の表彰式が始まるが、御堂筋は来なかった。

結局、山岳・ファーストリザルト共にハコガク選手が奪取。

王座復権に会場が沸いた。

 

 

 

そして総北はすべて2位という結果。

ステージでなおも笑いを取る鳴子を見て、鏑木は「アホですか、悔しくないんすか、あの人!」といじましげに叫んだ。

そんな鏑木を止める今泉。

最終ゴール前での自転車を前に投げた鳴子のタイミングに、狂いはなかった。

負けた理由はリーチ(身長)の差だった。

鳴子が悔しくないわけがない、それを噛み殺してステージに立つ鳴子は強い男だ。今泉が素直に鳴子を賞賛した瞬間だった。

ステージを降りた鳴子は、裏通りに移動した途端、悔しさから激しく泣き始めた。

 

一方、総北テントでは、ギリギリで走り続けた手嶋の身体への負担の他、スプリント勝負を仕掛けた鏑木にも疲労が見えていた。

急に倒れ込む鏑木。

レース中に出ていたアドレナリンが切れ、蓄積した疲労が放出されたのだ。

メンバーの厳しい状況を見て、鳴子を探しに行く小野田の脳裏に、棄権する手嶋と鏑木の姿が浮かぶ。

悪いイメージは悪い結果を引き寄せる、と、頭を振って否定する小野田。

きっと大丈夫、と、自分へ言い聞かせた小野田の目の前に現れたのは、昨年の主将である金城だった。

金城の登場に驚きつつも、現在のチームの状態を伝え、テントへ来て欲しいと伝える小野田。

しかし、金城は「もうおまえたちを支えることはできない」とその申し出を断った。

危機的状況を回避、あるいは逆転させ勝機に変える力は、チームの中にしかない。

緊張の糸を途切れさせないためには、金城たちがテントへは行かず、つらい状況をチームで乗り越える必要があるのだ。

金城の思いを汲み取る小野田。

そんな小野田を褒めながら、3人で見守っていることを告げる金城。

その3人には、小野田の尊敬する巻島も含まれていた。

 

小野田の周りを風が吹き抜ける。

巻島が会場にきていることに嬉しさを禁じ得ない。

 

テントへ戻った小野田、鳴子を含めたメンバー全員へ、手嶋は労いながらも「おれたちはまだ挑戦者だ」と言い切った。

小野田から金城たちの来訪を聞き、翌日に向かって改めて心を一つにする総北陣。

 

一日目の夜、また小野田の母が来て面白いけど、本編にあんまり影響ないので割愛。

 

京伏ではまたも御堂筋が行方不明になっていた。

しかし御堂筋は諦めたのではなかった。

彼なりのやり方で自分を叱咤し、明日の戦略を練るチームの元へ戻ってきた。

ハコガクの黒田も、ボロボロになりながらも明日への勝利を誓う。

 

インターハイ二日目が始まった。

注目されるのは全てのカラーゼッケンを背負う箱根学園。

ハコガクを見ながら、また一から挑む意気込みを見せる総北。

そんなハコガクの中にも、去年の覇者である「山王・小野田坂道」を見ながら、瞳を輝かす新入生がいた。

去年のハコガク3年・新開の弟、悠人だ。

小野田に、兄の決めポーズを目の前で披露しながら、挨拶する悠人。

 

オレ、皆には内緒ですけど

あなたと勝負してみたくってこのインターハイ出てます

 

今日どこか予定あいてます?

しましょう、勝負

さぁ!!答えはYesですか?

 

完璧にロックオンされた小野田。

真波を差し置いていいのか?って感じだし、すっごく軽いけど目は真剣な悠人。

次巻、2人の勝負が見られるのかな。

 

そして結構総北メンバーぼろぼろだから、そろそろリタイア出るのかも。

巻ちゃんが来てくれてることを知る坂道のシーンとか、ちょこちょこ本誌も読んでるけど、やっぱり通して読むと感動が違うな。

次巻も待ち遠しいよ!

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村