ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『東京タラレバ娘番外編 ビフォータラレバ娘』あらすじ&感想 EKiss 東村アキコ

朝からタラレバ書いちゃうbitchyamaです、おはようございます!

bitchyama結婚できたからいいものの、今結婚出来てなかったらそうとう抉られると思うわ…。

旦那さんに感謝。ありがてぇありがてぇ…。

 

KEYとの一夜を過ごす倫子は…?

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

15年前、埼玉の高校で同級生だった倫子、香、小雪の3人が、卒業して一緒に東京に出てきて東京タワーに登った時から、倫子の脳内にいるタラレバたちが回想を始める。

 

 

 

14年前、香はバンドマンの涼と同棲を始め、倫子は同じ専門学校の子たちと自主制作映画制作を開始し、それぞれに充実した日々を送っていた。

表参道で見かけた結婚式の様子から、嫁がギャルで若そうだとか、旦那がチャラそうだとか色んな事を言い交わしながらも、お互いの式ではブライズメイドをやろうと意気込む3人。

3人なら3回結婚式ができるのだから、と。

そして30歳までに結婚して、33歳までに子供を産みたいとなんとなく言う倫子に、香も小雪も”20代は自分のために使えばいい”と同調した。

 

11年前、涼の紹介で映像作家の卵たちと合コンをした3人は将来性に不安を感じて真面目に取り合わなかったが、現在では相手の男性たちも有名企業のCMを撮影するなど売れっ子になっているという。

この頃は自分も社会に出たばかりで余裕が無いため、夢追い人の応援なんてしていられなかったのだ。

 

 

 

23〜25歳ではどんどん舌が肥え、3人の女子会のレベル?も上がっていく。

そして25歳の誕生日に、倫子は同業の女性から「25過ぎたらあっという間」「30代はその倍速であっという間」という予言めいた言葉を受け取った。

 

現在、まさに今、倫子の脳内で多くの要素を締めているのはKEYだった。

海辺での情事に耽りながらも、浮かんだ昔の出来事に思いを馳せながら、倫子はまた考えを巡らせていた。

 

何で急に昔のこと思い出してんだろ私

あの日の東京タワー

つまらない合コン

岩元さんの予言

全部まるで昨日のことのよう

 

 

 

25過ぎたらあっという間で30超えたらさらにその倍速

ここから私の人生倍速早送り

ってやだよそんなの

何で早送りされなきゃなんないの?

リモコンあるならスローにしてくればかやろう

 

そんな倫子の思念の海の中で、タラレバたちはお寺のありがたい言葉を掲げるのだった。

 

人生一生 酒一升

あるかとおもえばもう空か

 

感想

今回番外編だったね!

倫子たち若い!そして15年前だからちょっとダサいところがまたいい!笑

セックス中にいろいろ考えちゃうの、女性だったらよくあることだと思うんだけど、男性はどうなんだろう??

目の前の事に集中できない倫子の表情、やっぱり後ろめたさもあるし切ないなぁ…。

次回は本編が進むのかな?ドラマも楽しみ!

 

 

 

 

その他東京タラレバ娘の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村