ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『素敵な彼氏 18話』最新あらすじ&感想 別冊マーガレット 河原和音

ずっと晴れで嬉しいbitchyamaです、おはようございます!

梅雨ってどうなったんだ?!笑

 

桐山くんの本音を聞けたののかは…?

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

桐山の家に向かうことになったののかは、自分のことをすごく好きだと思ってくれている彼の気持ちを知って浮かれていた。

家にいるという桐山の母に「付き合ってる人をつれてく」と紹介している言葉を聞いて、さらにテンションが上がってしまうののか。 

 

 

 

家に着いてののかと対面した桐山の母は、大晦日にののかが家に訪れたことを思い出す。

桐山はまだ自分の知らない事だらけだと言って薄く笑った。

 

桐山の部屋に行くと、ののかは色々と話したいものの真央のことなど何を言われるかわからない怖さで聞くのを手控えてしまう。

それは桐山も同じだったが、頑張ると決めたからと呟き、ののかに奨平とのことを質問した。

奨平との約束はあれど、今一番大事なのは桐山で、嘘をつきたくないと考えたののかは正直に経緯を話す。

 

あんまりうまくいかないから

なんかもうつらくなってきて

もう奨平くんと付き合おうかと思ったの

 

でもやっぱり桐山くんのこと好きだったの

 

気持ちを素直に答えたののかの頬に桐山はそっと触れる。

 

 

 

遠回りさせたな

ごめん

 

その後、クリスマスに奨平と交換したプレゼントに言及する桐山は、若干ヤキモチを焼いているようだった。

ののかはそんな桐山の様子にも嬉しくなってしまう。

 

その時突然、桐山が「ののか」と呟き、動揺したののかの写真を激写する。

変な顔したと焦るののかに、桐山は自分に聞きたいことはないのかと質問した。

 

あー…やっぱり怖いな

口に出すとその時の気持ちも一緒にでてきちゃいそう

想像をこえた衝撃の事実とかきかされるかもしれないし…

 

でもそれだといつまでもひっかかったままだから

がんばって消さなきゃ

今度は私のばんだ!!

 

 

 

決心したののかは、真央との関係を質問する。

涙目で真央に桐山を狙っていると言われた事を明かすののかだったが、桐山は「狙われたかも」と飄々とした表情で言いながらも本心を伝える。

 

なんにもないよ

31日の日にうちに来て

ヒマなら付きあおうって言われたけど

 

彼女はいないけど小桜さんが好きだから

今もこれからもヒマじゃないって言ったら

おこって帰っちゃった

 

その言葉を聞いたののかの涙腺は、堰を切ったように崩壊した。

抱きしめ合う2人。

ののかはお母さんがいるのに急に黙ったらあやしくないか?!と動揺するが、桐山は普通に話すればいいと言いながら何度も口づけする。

なおも他に気になっていることがないかと意地悪そうに聞いてくる桐山に、ののかは「ムリですできるわけない!!」と謝るようなポーズをした。

 

 

 

ののかのその慌てぶりを見て、桐山は今までに無いほど笑う。

色んな桐山の表情を見られるのも、彼女の特権だとののかは感じて嬉しくなってしまった。

 

以前買ってあげたヘアゴムのリボンが取れているのを見付けた桐山は、新しいのをあげると言うが、ののかは大切だから直すと言う。

ボンドを借りて直すののかに、桐山の気持ちもまたほぐれていく。

 

これからも

壊れたらなおしてよ

変になってもいいから

小桜さんのやり方で

 

含みを持たせるような言い方をする桐山は、今までにないほどいい表情をしていた。

 

夜ご飯の時間になり、帰途につくののかを送る桐山。

 

 

 

長い間ずっと

考えてわからなくて

でもきけなかったこと

今日1日で全部きいた

へんなかんじ

なんだか心の距離が近くなった気がする

 

帰り道にののかに口づけする桐山に、人通りがなくてもキスが多くないか!?と焦るののか。

しかし、桐山はしてよさそうな空気だったから、と答える。

もしかしたら最初にキスした時からそうだったのか、とののかは自分がそういう空気を出していたのかもと感じた。

 

その後、2人は好きになったタイミングなどを言い合う。

そうしている内に、桐山が今後「ののか」と呼ぼうかなと突然言い出した。

そしてののかには「直也」と呼んで欲しいと言う。

まだ慣れない名前呼びに動揺するののかは、経験値の違いを感じる。

 

 

 

ののか

今日きてくれてありがとう

ちゃんと話せてよかった

オレのことあきらめないでいてくれて

オレのことわかろうとしてくれて

ありがとう

 

そして再度口づけをする2人。

 

経験値が違うとか関係なく

だれかを好きになったらわからなかったり

うまくやれなかったりすることもあるのかもしれない

でも今日みたいに話せたら

大丈夫な気がするよ 

 

帰宅して恵里葉と電話をするののかは、彼が自分のことを結構好きかもしれないと惚気ける。

恵里葉は自分にもそう見えると同意した。

しかし「ありがとう」と言おうとしたののかの言葉を遮って、恵里葉は追試のことを持ち出し、きっと再追試だろうと言って電話を切った。

ののかは再追試に怯えるが、桐山との関係が進展したことに喜びを押さえることが出来ない。

 

 

 

帰り道の桐山は友達と遭遇して、これから女子と遊ぶけど来ないかと誘われるが、彼女ができたからと断る。

 

…桐山くん

直也って自然に呼べるころには

私たちもっと素敵な感じになってるんじゃないかな

がんばるね

 

感想

わー今回もキュンキュンする内容だった!!

桐山くんの色んな表情見られて、読者としても嬉しいよ♡

これからも2人のいちゃいちゃっぷりが加速するといいな〜(∩´∀`)∩

なんだか一旦落ち着いた2人だけど、このまま終わらずいちゃいちゃ付き合ってる様子を連載で描いてほしい! 

 

 

その他素敵な彼氏の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村