ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『そして、誰もいなくなった 7話』あらすじ&感想 藤原竜也 黒木瞳

ぐずぐずしてたけどドラマネタバレするbitchyamaです、こんばんは!

タラレバ娘が休載だったから思ったより書くものなかった(*ノω・*)

 

そして、誰もいなくなったも見たのでネタバレしていくよー!

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

停電爆弾(ブラックアウト爆弾)を使って電気系統を破壊し、日本政府のデータサーバーを落として自家発電に切り替わる0.2秒の間にサーバーに侵入する計画を進める新一たち。

そんな中、小山内を乗せた車で海にダイブした馬場はまだ戻って来ず、心配するサオリの前に西条が現れる。

サオリに対して西条はある取引を持ちかけるのだった。

 

海中でトランクが開いたおかげで救出され、病院に運び込まれた小山内の元に、公安の鬼塚が事情聴取のためにやってくる。

鬼塚は小山内が閉じ込められたトランクの中から、失踪した万紀子のヘルパー西野弥生のネームプレートが見付かったと伝えた。

小山内は「藤堂新一からのプレゼントだ」と言いながら自分を殴った馬場のことを思い出し、新一が自分に危害を加えようとしているのではないかと感じる。

 

小山内の身元を引き受けに来た早苗は、万紀子から「至急訪れて欲しい」という電話と共に教わった住所を小山内に見せる。

その住所にあった一軒家のインターホンを押すと、応答してきた女性の声は弥生の声の録音で、無理やり家の窓を割って中に侵入したところインターホンが押されると応答が自動再生されるよう設置されている機械が見つかった。

弥生は監禁されているのかもしれないと言う小山内は、万紀子が何故この場所を知っているのかと不思議に思う。

弥生を探している内に小山内が家の外に設置された冷蔵庫の中を見ると、行方をくらましていた斉藤の遺体が保管されていた。

警察に連れて行かれた小山内は鬼塚の前で、一軒家の住所を万紀子から教わったことを明かす。

 

 

 

戻らない馬場を心配するものの、計画実行を遅らせないためにも準備を進めようとする日下と新一。

サオリは家族同然の馬場も一緒じゃないと実行に移したくないと拒否するが、嫌な予感を感じながらも仕方なく下準備に協力することにした。

翌日屋上の下見を行う日下に対して、刑務所に入る前に関係を持とうと迫るサオリだったが、日下はサオリのことを抱きしめて「好きだから、こういうことはやめよう」と断った。

少し離れた屋上では、その2人の様子を西条が双眼鏡で覗いていた。 

 

計画実行の時刻が迫ってきても馬場は戻らず、仕方なく3人のみで決行することに。

西条を招き入れるサオリは取引に乗ると見せかけて、その腹部をナイフで刺した。

しかし火事場の馬鹿力で抵抗する西条に頭部を掴まれて、屋上から共に転落してしまう。

西条は死の間際で小山内に電話をかけて、「西東京ビルから証拠(停電爆弾を乗せたドローン)が飛んで来る」と伝え息絶えた。

 

パーソナルナンバーに関わる情報の全てを消すために、ミス・イレイズをスタンバイさせて待つ新一。

そして日下もまた、飛んで行くドローンを見ながら計画の行く末を見守っていた。

 

感想

まだまだ謎は残る感じだよねー!!

来週8話も混乱する内容っぽいな…。

早く結末が知りたいよー!

 

Beach Angels おのののか in マナ島 [DVD]

Beach Angels おのののか in マナ島 [DVD]

 

 

その他そして、誰もいなくなったの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村