ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『そして、誰もいなくなった 3話』あらすじ&感想 藤原竜也 黒木瞳

日曜日は夜までブログがんばるbitchyamaです、こんばんは!

最近やっと東京グール無印読みきってreに突入したー! 

 

今日もそして、誰もいなくなったのリアルタイムネタバレしちゃいまっす!

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

6日前続き。

公安の鬼塚に捕らえられた新一は、呼び寄せた西条に弁護を断られてしまうが、せめて一刻も早く釈放されるよう計らって欲しいと依頼する。

 

その頃、新一の部下の五木にマンションへ押し入られて、無理やりキスされた早苗。

2人は過去恋人同士であり、もう一度やり直したいと話す五木だったが、早苗は結婚を控えているだけではなく妊娠もしているから止めて欲しいと訴える。

健気な早苗に対して、五木は新一が偽名を騙っていたことや二億円の使い込みをしていた疑惑があることを明かし、その心に揺さぶりをかけるのだった。

 

5日前。

介護マンションに暮らす万紀子の前に現れた鬼塚は、新一と川野瀬猛の写真を並べて「どちらがご自身の息子か?産んだ産婦人科はどこか?」と聞く。

新一は亡くなった夫の連れ子なので分からないと話す万紀子だったが、同じ質問を繰り返す鬼塚に観念して冷や汗をかきながら”本物の新一”(川野瀬猛ではない方)の写真を指差した。

 

 

 

いつまで待っても現れない西条に痺れを切らした新一は、タイミングよく訪れた火災報知機のエラーという機会に乗じて逃げ出すことに成功する。

脱出した先で西条に電話をかけると、火災報知機のエラーは新一のための仕掛けであったことが分かり、さらに色白ですらりとした黒髪ロングの美人が、監禁先のビルの周辺をうろついていたという情報を教えられる。

思い当たる人物がはるかのみだったために電話をかけるが繋がらず、はるかの職場を質問するために斉藤に電話をかけると、「はるかは大学を出てから就職した先を2ヶ月で退職して、それからずっと働いていない。それはお前のせいだ」と藪から棒に言われてしまう。

 

新一を探してKINGに訪れた早苗は、再びはるかと再会することになる。

いい機会だし連絡先を交換しようというはるかを断れず、早苗は連絡先を伝えた。

その夜、はるかの泊まっているホテルで待ち伏せしていた新一は、自分を探っているのではないかと詰問するが、逆に「新一騙されてるよ」と早苗が他の男性とキスしている画像を見せられてしまう。

その後揉み合いになり、逆上して新一に襲いかかるはるかだったが、拒否されたショックのせいかそのまま窓辺へ向かって飛び降りた。

 

病院に運び込まれたはるかに付き添う新一の元に小山内が駆けつけてきて、なりすましの件にはるかが関係していたのだと説明した。

訳が分からないと話す新一に向かって小山内は、新一が一席しか空いてない大学の研究室に残ると言い出したために、はるかは研究を諦めて就職を選んだものの、就職した先がブラック企業で早期に退職したのだと続けた。

顛末を知らない新一は、はるかの気持ちも知らないままで心変わりした後に東京で就職してしまった。

自分のことしか考えていない新一に対して、はるかが目を覚ました時にいるべきではないと小山内は冷たく言い放ってその場を晒せた。

 

4日前。

ガキの使いからもらった携帯電話に着信が入り、今すぐ首都テレビのニュースを見ろと伝えられた新一は、近くの食堂に入って会見を目にする。

そこには川野瀬と西条が映っており、何度も「私、藤堂新一は」と繰り返しながら、警察に不当な取り調べを受けたと訴えていた。

新一は発狂するように違うと悲痛な叫び声を上げた。

 

はるかの搬送先に駆けつけた斉藤だったが、そのままはるかは帰らぬ人となってしまう。

斉藤は憎しみの目で床を叩きながら「藤堂、殺してやる」と呟いた。

 

感想

最後の「ちがーーーーーーーう!!!!!」のところメチャクチャ切なかったね…。

新一が気付かず周りの人を傷つけていた?的なエピあったけど、進路を決める大事なことだし、はるかも相談したらよかったんじゃ…って思ってしまった(*ノω・*)

 

ちょっと見逃しちゃったんだけど、早苗とキスしてたのって五木…?

こいつもゲスかったんですな。

 

次回は殺人容疑で追われちゃうのかねー。

まだ全然謎が解けないけど次回も楽しみ! 

 

もう夫には恋はできない

もう夫には恋はできない

 

 

その他そして、誰もいなくなったの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村