ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『マギ シンドバッドの冒険9話』あらすじ&感想 裏少年サンデー 大高忍

やっと週末で嬉しいbitchyamaです、おはようございます!

今日はちゃんとシンドバッドの冒険書いちゃうよー。

 

 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

シンドリア商会の商船が交易路を開拓するために訪れたのは、質の高い金属が採れる騎士の国・ササン王国。

ササン王国は標高高い山間に構築された都市国家で、国民は旧い神を信仰する敬虔な信者であり異教徒を受け入れないため、外界からは”清浄の地”と呼ばれていた。

 

ササン王国は外界との交易は一切行わず、レームとはあくまで友好の証として品のやり取りをしていると聞いたシンドバッドは、商人個人として友好を築くために騎士王ダリオス・レオクセスの元へ向かう。

しかし全く取り付く島もなく、外国人向けの酒場で打開策を練り直すシンドバッド一行の前に、ダリオスの息子・ミストラスが現れる。

ササン王国の民は規律によって外の世界に出ることが禁じられているため、国外に興味を持っていると話すミストラスに、シンドバッドは冒険譚を語ってみせた。

 

 

 

翌日、シンドバッドの元へ向かおうとするミストラスを窘めたのはダリオスだった。

弟のスパルトスはミストラスに騎士王になって欲しいと願っていたが、外の世界に飛び出したいというミストラスの意思は変わらず、堂々と騎士団を脱退するために聖騎士たちへ戦いを挑むことに。

しかし脱退戦いで敗れた場合には、首を撥ねられる掟になっていた。

 

街を歩くシンドバッドの前に久々にユナンが現れて、世界各地に次々とダンジョンが現れていることから、ジンの力を手に入れるために各国が戦々恐々としていることを話す。

そしてユナンとの話の中で、ダリオスもジンの力を持つ攻略者だということが分かる。

騎士団脱退のための戦いの場に訪れたシンドバッドは、金属器を操りミストラスを下すダリオスを制してある提案をするのだった。

 

感想

今週もめっちゃおもしろかったー!!!

あっという間に終わっちゃった。

人たらしなシンドバッドおじさんの本領発揮って感じだったね。

次回はジンの力同士がぶつかる感じかな?!

 

 

その他シンドバッドの冒険の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村