ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『世界で一番、俺が○○ 13話』あらすじ&感想 イブニング 水城せとな

今日は定期検診行って早めに帰宅したbitchyamaです、こんばんは!

体重も血圧も急上昇で先生に怒られちゃった…(´;ω;`)

 

柊吾の彼女のふりをすることになったナナミは…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

ふみの務めるお弁当屋を訪れたたろは、のり弁を頼む時に自分の連作先と募る想いを書いたメモを渡して気持ちを伝える。

公園でお弁当を食べているとふみ(本名:除村文香)から連絡がきて、たろはやっと現実世界で繋がったふみの存在に天にも舞い上がる思いを抱いていた。

 

 

 

ある計画を練るアッシュの元に現れたナナミは、週末に柊吾の彼女を演じることになってしまったので心得を授けて欲しいと頼む。

こういうことは柊吾が頑張るべきなので、あとで連絡しておくというアッシュに安心するナナミ。

その後いつものようにナナミがアッシュのDQ値を計測すると、相変わらず”92”という高数値が出ていた。

何かあったのかと問いかけるナナミを適当にはぐらかしたアッシュは、訝りながらも帰っていくナナミを見送って1人になったところでソファーに身を投げ出す。

ふみと順調にデートを行うことになったたろ、そしてナナミと良い仲になりそうな柊吾を思い、アッシュは宙に向かって「現状は維持しない」と呟いた。

 

週末のためにナナミの服を買いに出かけた柊吾は、白いワンピースを着たその姿のあまりの可愛らしさに少し照れを見せる。

週末を迎えてホームパーティーに出かけたところ、ナナミの外見や若さだけでなく、あまりに場に即した適応ぶりや、柊吾よりも流暢に英語を操る完璧さに周囲は驚きを隠せなかった。

もちろん鹿野も怯む様子を見せた。

 

鹿野を撃退して一旦は胸をなでおろす柊吾の目の前で、オーブンから出したばかりの鉄板に触れてしまうナナミ。

柊吾は自分が過去負った火傷の経験を活かしてすぐに冷やすが、ナナミはセカイのエージェントが痛みを感じることはないと言う。

そして痛みを分からないからこそ、人間のデータが必要なのだとも。

しかし柊吾との近い距離に全く何も感じないわけではないナナミは、そのことをなんとなく仄めかすが、柊吾は全く気付いていない様子でそのまま冷やし続けた。 

 

 

 

家に帰った後、今日は楽しかったというナナミに対して、何故いつもすぐ帰ってしまうのか?と問いかける柊吾。

柊吾が早くひとりになりたいと思っているのだと感じていたと話すナナミに、柊吾は今後は自分がいいと言うまで消えないようにと伝える。

帰り際にナナミがDQ値だけ計測すると、今日の柊吾の値は”10”だった。

鹿野がいなくなったのに何故下がっているのか?と質問するナナミに、柊吾は喪失感は後から来るものだと適当に理由を伝えてはぐらかした。

 

一方アッシュは再びヨシヒトを公園に呼び出して、これから悪いことをするがナナミに見つかりたくないと話し、何か良い打開策はないか尋ねる。

そこでヨシヒトはアッシュの指定した”シンギン・インザレイン”をツールに登録すると、アッシュがその言葉を発した時だけ反応して雨を降らせるよう設定した。

ワードで起動した雨が1時間降っている間は、アッシュの位置情報は掴めず、姿を隠すことができるのだという。

そしてアッシュは計画を進めるために一歩進み始めるのだった。

 

 

 

感想

柊吾とナナミ、ふみちゃんとたろが急接近!

その裏でアッシュだけ暗い…。

でもダークサイドに堕ちそうなアッシュが物語を加速させてくれそうだね。

ここからどういう展開になるのか楽しみ!!

 

世界で一番、俺が〇〇(1) (イブニングKC)

世界で一番、俺が〇〇(1) (イブニングKC)

 

 

その他世界で一番、俺が○○の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村