ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『世界で一番、俺が○○ 11話』あらすじ&感想 イブニング 水城せとな

今日も1日ゴロゴロしたbitchyamaです、こんばんは!

本読んでご飯食べて映画見てお昼寝して…とぐうたらです(*ノω・*)

 

たろやアッシュに変化が訪れるが…?

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

出張でNYにいる柊吾がナナミから聞かされた今日のDQは、たろが16、アッシュが72と急激な伸びを見せており、驚きを隠せないでいた。

ナナミには「何もない」と言っていたというアッシュの様子を聞いた柊吾は、逆に言えないような何かがあったのではと察する。

 

 

 

ちなみにナナミがNYにいる柊吾の居場所が分かったのは(柊吾は出張のことを話していなかった) 人間一人一人から発せられている周波数のようなものがGPS機能を果たしているためだ。

下にいい店があるからもしお腹が減っていたらご飯を食べようと誘う柊吾だったが、いつの間にかナナミは姿を消してしまいさらに柊吾を苛立たせるのだった。

 

日本に戻った柊吾は、VPクラスの原が今日で職場を去ることを知る。

原は柊吾がNYに行っている間に何か悪いことを吹き込んだと思っているようで、「高瀬(柊吾)に刺された」と同僚たちに言いふらしていた。

そして同僚たちもまた表には見せないものの、心の中では柊吾が何か仕組んだのではないかと疑っている。

 

また敵が増えたか しかたないな

俺がみんなを疑うように俺もみんなに疑われるんだ

俺が何をしていたかどんな人間か

そばでずっと見ていてわかっている人間は誰もいないのだし

しかたないんだ

誰にも信じてもらえなくても

ひとりで生きるっていうのはそういうことだ

 

原は去り際に柊吾に厳しい目線を向けていたが、柊吾は無表情でその背中を見送った。

 

 

 

柊吾が家に帰るとナナミがカフェラテを飲み終えたカップを放置したまま、ソファーで幸せそうに眠っていた。

カップに茶渋が着くと思い焦って片付ける柊吾だったが、ナナミの無防備な寝姿を見て、この場が安全であることを改めて実感する。

しばらくしてナナミが目を覚ますと、目の前でソファーにもたれかかって寝息を立てる柊吾の姿があった。

その頬に触れるとDQは11ほどと低く、衆後は少なくとも今は幸せなのだとナナミは微笑んだ。

 

感想

柊吾の方もまた不穏な動きが…。

あとナナミとの急接近っぷりも柊吾が一番だね!

最後に「少なくとも今は(幸せ)」って強調してたのは、この後やっぱり悲惨な展開が待ってるのかな〜??

次回も早く読みたい!

 

 

 

世界で一番、俺が〇〇(1) (イブニングKC)

世界で一番、俺が〇〇(1) (イブニングKC)

 

 

その他世界で一番、俺が○○の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村