ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『昭和元禄落語心中5話』あらすじ&感想 雲田はるこ

最近ハイキュー!!の曲ばっか聞いてるbitchyamaです、おはようございます!

カンクンでもブログめげずに更新してます…。

 

 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

貧乏暮しの最中、稽古に勤しむ八雲(菊比古)とは裏腹に、寄席で好調な助六は派手な廓遊びに精を出していた。

不真面目そうなのに仕事には事欠かない助六を、ズルイと感じる八雲。

 

雨の日にみよ吉とばったり会った八雲は、誘われるがままに彼女の家へ行き、唇を重ねるまでの仲になる。

自分に落語は向いていないのではないか、と弱音を吐く八雲。

みよ吉を呼びに来たお栄から「客を自宅に入れるのはまずいのでは」と心配されるが、みよ吉が八雲のことを「そんなじゃない」とやんわり否定したことで、八雲は心を許したことを少し後悔した。

 

 

 

 

翌日の芝居で弁天小僧を演じる八雲は、みよ吉に化粧を施してもらう。

最初は緊張していた八雲だったが、舞台で注目を集め自信をつけることに。

大盛況のまま幕を閉じた演目後、2人は勧められるままに記念写真を撮影した。

(この時、芝居小屋で初めて松田さんと会う)

 

感想

八雲の弁天小僧めちゃ色っぽかっこいい!!!!

そして若かりし日の松田さん出てきたね。

この時はみよ吉もハツラツとして可愛くて、貧乏ながらも八雲と助六は2人で楽しく暮らしてたんだよねぇ。

漫画で最新巻読んだからさらに泣けてきちゃうな(T_T)

展開めちゃ早いけどおもしろい!次回も楽しみにしてる!!

 

昭和元禄落語心中(4) (KCx)

昭和元禄落語心中(4) (KCx)

 

 

その他落語心中の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村