ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『終わりのセラフ 65話 人間デハナイ』最新あらすじ&感想 ジャンプスクエア 鏡貴也 山本マコト

無事保育園決まって嬉しみなbitchyamaです、こんにちは!

98%くらい落ちたと思ってた…。よかった…ε-(´∀`*)

 

《第6のラッパ吹き》と対峙する優一郎は…?

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

《第6のラッパ吹き》が攻撃を開始するが、なおも彼を救おうとする優一郎は、その軛を切り裂いた。

しかし《第6のラッパ吹き》は反対に、優一郎に本当の使命を思い出させるためにラッパを吹き始めた。

優一郎はそれを止めるため、ラッパを剣で攻撃する。

 

 

 

《第6のラッパ吹き》は鬼を下位存在だと考えていたが、優一郎が向けた刃はラッパにヒビを入れた。 

飛び上がっていく《第6のラッパ吹き》を追うために、優一郎は背中に歪な黒い羽を発生させる。

カエラは優一郎に力を使わないようにと叫んだが、その声は届かずに優一郎は飛び立ってしまった。

 

優一郎を心配するミカエラを見て、フェリドは《第6のラッパ吹き》が弱っているから心配する必要はないと言う。

カエラは反論しようとするが、シノアがその言葉を遮りながら優一郎を追いかけようと急かした。

 

《第6のラッパ吹き》と向き合う優一郎は、十分辛い思いをしている人間をこれ以上苦しめる必要はあるのか?と問いかける。

 

俺は何もしてない

もうこの世界には何もしてない奴らしか生き残ってない

なのにまだ罰するのか

 

優一郎の言うことを聞いた《第6のラッパ吹き》は、ぽつりと呟くように言った。

 

 

 

おまえは人間じゃないな

 

自分でもわかってないのか

 

鬼でも天使でも人間でもない

おまえの存在自体が禁忌に触れている

消えるべきだ

 

そして《第6のラッパ吹き》は優一郎に向かってラッパで攻撃する。

その時、もっと力が欲しいと願う優一郎の心に、阿朱羅丸が話しかけてきた。

 

これ以上力を使えば、阿朱羅丸でも天使を押さえきれなくなると言う。

優一郎はグレンから貰った薬を使えばいいと考えるが、薬は鬼の力を増幅するもので、天使の力を押さえるものではないのだと阿朱羅丸は返した。

しかし優一郎は、あの天使の中にも鬼がいるのではないかと言う。

 

 

 

その時、阿朱羅丸は《第6のラッパ吹き》にも鬼が取り憑いていることに気付く。

鬼が取り憑いているのであれば《第6のラッパ吹き》を救う方法が分かった、と言う優一郎は、阿朱羅丸にもう少し我慢するように笑いかけた。

阿朱羅丸は拒否していたが、言っても無駄な様子の優一郎を見て、これ以上言い合いをすることを諦め、渋々加勢することにした。

優一郎は笑顔のままで、阿朱羅丸にお礼を言った。

 

シノアらは庭に出て、優一郎と《第6のラッパ吹き》の攻防を見守っていた。

優一郎はその中に君月の姿を見つけて、自分の考えを叫ぶ。

 

俺が打たれた薬をあの天使に打つ!!

それで救えればおまえの妹も救えるはずだ

 

君月の妹を救うんだ!!

俺たちの仲間を救うんだ!!

 

家族に執着して俺は生きる

だからこの欲望を喰え!!

喰って力をもっと寄こせ

鬼ィいいいいいいいいい!!!

 

 

 

その姿を見てミカエラはなおも止めようとするが、優一郎に声は届かない。

君月はその場に立ち尽くしたままで、先程優一郎が発した言葉の意味を考えていた。

 

感想

ついにぶつかりあう《第6のラッパ吹き》と優ちゃん!

優ちゃんが無茶しすぎて見てるこっちがヒヤヒヤするよ〜(;´∀`)

ミカじゃないけど、あんまり無理しないでと止めたくなる…。

 

天使の中にはどんな鬼がいるのかなー?

そして最近出てきてない暮人の様子も気になる!!

 

 

血脈のセカイ

血脈のセカイ

 

 

その他終わりのセラフの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村