ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『お迎えデス。7話』あらすじ&感想 福士蒼汰 土屋太鳳

二次会行って帰ってきたbitchyamaです、こんばんは!

いやー久しぶりに友だちにも会えたし、一日楽しかった。 

 

今日もお迎えデス。のリアルタイムネタバレしちゃいます!

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

円の父・郁夫が倒れてしまい、一命は取り留めるものの、幽体離脱して身体に戻れなくなってしまう。 

搬送先の病院は幸の入院先と一緒だったので、円は郁夫の状態を相談するために幸の病室を訪れ、成り行きでナベシマやバイトのことを伝えることに。

 

幽体離脱が出来るようになった幸は、死神一課のシノザキとマツモトから仲間にならないかと誘われていた。

ナベシマにも幽体離脱が出来るようになったことを打ち明けるが、幸のためにならないからあまりやらない方がいいと言われてしまう。

一方、ナベシマから隠れる千里は、黒巫女の魔百合に見つけられ追いかけられるが、逃げている最中に円に憑依して難を逃れることになる。

しかしナベシマだけは千里の存在に気付いている様子だった。

 

未だに意識の戻らない郁夫の病室に、妹・さやかの実の母を名乗る女性が現れる。

郁夫と母・由美子は再婚同士のため、郁夫の連れ子がさやか、由美子の連れ子が円であり、兄妹の血は繋がっていないのだ。

郁夫は以前からさやかを引き取りたいと実母に希望されていたが、以前さやかを捨てた実母のことを信じることが出来ないと考えていた。

 

 

 

自分がどうすべきか幸に相談したさやかは、実母と会うことを決心する。

レストランで対峙する実母とさやか、そして追ってきた円は、お店から出てさやかが生まれた家へ赴く。

実母は浮気の末に男と暮らすため家出をしたのだが、経済的に不安があったため父と暮らすほうが良いと考えてさやかを置いて出て行ったのだと嘘をつく。

しかしさやかは、自分の家族が郁夫、由美子、円だけであることを再確認するために実母と会ったのだと話した。

さやかの態度を見て、実母は複雑な思いを抱えながらもその場を立ち去った。

 

家族の絆を再度感じる面々だったが、幽体離脱していた郁夫の命綱?のような紐が細くなった時に、ちょうど由美子宛に容体急変の連絡が入る。

諦めて円に憑依して最後の言葉を伝えたいと言う郁夫に、円は生きて自分で伝えて欲しいと言い断った。

家族の強い気持ちを前に、郁夫は生きていたいと心底感じて身体に戻ることが出来た。

 

幸もまた、自分を育ててくれた母に感謝しながらも、寂しかったと伝えて関係を見なおそうと試みていた。

退院用意をする幸の病室に現れた千里は、成仏することに決めたことを明かす。

そこへナベシマが現れて、千里と幸に近づいてくる。

 

感想

そろそろクライマックスなんだね!はやいー。

今回はいい話だったなぁ。そして円の家庭事情そんなに複雑だったって初めて知った笑 

 

#6

#6

 

 

その他お迎えデス。の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村