ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『ノラガミ 74話 おくりもの』あらすじ&感想 月刊少年マガジン あだちとか

今日からオフィス移転で心機一転なbitchyamaです、こんばんは!

ひっさびさに海神行ってみた♡

www.kaijin-ramen.com

 

誘拐された恵比寿だが…?

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

ひよりが夜トと雪音たちに出会ってから間もなく1年。

雪音のサプライズバースデーを開催したいと言い出したひよりに賛成した夜トは、せっかくだからフラッシュモブをやろうと提案する。

スーパードライな雪音の冷めた目で見られることを予想したひよりは拒否するが、はりっきている夜トに押し切られて提案を承諾することに。

 

 

 

フラッシュモブの練習に集まったのは小福・大黒・恵比寿・邦弥・天神・真喩らに加え、毘沙門天の代打で呼ばれたタケミカヅチと黄云だった。

神々の予想外のノリの良さにひよりは驚きを隠せず、みっちりその日の練習を行う。

 

練習後、疲れ切ってへばっているひよりに声をかけてきた天神、小福らは、夜トが誓約の後天に呼び出され、三種の神器毘沙門天や術師のことを聞かれたことを明かす。

誓約で”天は非”と出てしまったので、無謬性を示すためにもこの件で天が夜トを罰することは出来ないものの、他の神々は良くは思っていないだろう。

そしてひよりはずっと気になっていた術師、秘め事のことを、夜トが皆にどこまで話しているのか?と問いかける。 

神らが知っているのはおおよそ下記の内容であった。

 

 

 

  • 夜トの父が術師であること
  • 螭器と呼ばれる神器は真名を明かさなくとも秘め事を暴き、毘沙門天の神器はその犠牲になったこと
  • そのため毘沙門天は祝ではなく葬で戦わざるを得なかったこと
  • 螭という野良は恵比寿もシェアしていた時があること

 

ひよりは術師が夜トの命綱であることまでは明かしていないことを知る。

そしてその会話を、少し離れたところでタケミカヅチも聞いていた。

 

バースデー当日、庭に野良の姿を見かけた雪音は追いかけようとするが、どこにも行かないよう監視していたひよりはその動きを阻む。

雪音は真剣な顔で、かつて野良が人を斬って夜トが禍津神となったように、自分もこの間一線を越えそうになったため、野良のことを同族嫌悪しているのかもしれないと話す。

しかしひよりはその言葉を否定すると、雪音はこちらに来れば良いのだと腕を引っ張って仲間の元へと連れ出した。 

 

 

 

その後、境内で思うままにフラッシュモブを演じた面々を見た雪音は、サプライズのお祝いを受けて嬉し涙を流す。

夜トに名前をもらって、皆と会えて1年後こんなに笑えていることに感謝をする雪音。

しかし、暖かくなる心を打ち砕くように、野良が雪音の前に現れる。

 

そう…よかったわね

あなた夜トのこと好きなのね

あたしも夜トのこと好きよ

あたし達似てるのね

あたしあなたのことが大好きよ

 

そして野良は雪音の唇に近づき、そっと口付けた。

 

 

 

感想

雪音の前に突然現れた野良!

幸せな時間は長くは続かないのね〜…(ToT) 

来月は雪音が狙われて大変なことになりそうな予感。

 

 

その他ノラガミの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村