ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『甲鉄城のカバネリ8話』あらすじ&感想 ノイタミナ 荒木哲郎

今日もパーティーで遅くなっちゃうbitchyamaです、おはようございます!

あしたも結婚式参列で朝早い…ネムイ(´・ωゞ)

 

 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

無名の慕う兄様”美馬”は狩方衆を率い英雄扱いされているが、故意に無名をカバネリにした元凶である彼を生駒は認めることが出来なかった。

そんな生駒に対して、将軍の長男でありながらも勘当された自らの身を話し、また、無名の戦う理由を語る美馬。

 

無名は美馬の助言で裏切った父を殺害し、自らカバネリになる道を選んだのだ。

そして美馬もまた、武士の手によってカバネの集団の中に置き去りにされた過去を持っていた。

 

狩方衆の栄光を恐れる武士の策略で、倭文駅に大量のカバネが呼び寄せられるも、美馬の指示で俊敏に動く狩方衆は次々とカバネを倒していく。

榎久は美馬の前に現れて、命を付け狙う輩からの護衛と、戦働きを命じて欲しいと願うが、聞き入れられず殺害されてしまう。

助けてと言う人をなぜ殺したのだと詰め寄る生駒だったが、甲鉄城の仲間にもその行動を窘められてしまう。

 

 

 

甲鉄城を金剛郭まで警護すると申し出る美馬の言葉を受ける菖蒲。

しかし美馬の狙いは甲鉄城を我が物にすることで、無名に甲鉄城の親鍵を持ってくるように言うが失敗してしまった。

 

生駒は黒城の中に大量のカバネが積んであることを発見して乗り込むが、美馬に傾倒する無名によって阻まれてしまう。

榎久を殺した美馬が嘲笑っていたのを見ていた生駒は、美馬がただの英雄ではないと感じていた。

 

感想

兄様かっこいいのに鬼畜系なのね…。素敵だけど!

無名ちゃんの痣が大きくなってるっていうのが心配だね…。

もう8話なのか!早い!

 

 

その他甲鉄城のカバネリの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村