ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 4話』3期あらすじ&感想 古舘春一 週刊少年ジャンプ

昨日はハロウィンしたけど、寒すぎて全然遊べなかったbitchyamaです、おはようございます!

もう少し暖かかったら盛り上がっただろうか…。

 

 

第二セットを制するのはどちら…?!

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

第二セット終盤、トータルディフェンスが決まった烏野はブレイクするも、すぐに白鳥沢に追いつかれ熾烈な一点争いをしていた。

ウシワカに頼ることだけが白鳥沢ではないと感じる白布がツーアタックすると、そこにいたのは月島で、なんとかワンタッチするが拾いきれなかった。

負けず嫌いの影山は、すぐに同じようにやり返して一点を取る。

 

月島は自分のサーブでレシーブを返された場合、白鳥沢が速攻でくる可能性が高いため、日向に飛ぶ場所を指示する。

”一級品の囮”の日向に驚きを隠せない白鳥沢を見て、月島は自分の思惑通りであることを感じた。

執念深く、相手にブロックを出し抜いたという感覚を持たせず、プレッシャーとストレスを感じ続けさせることがリードブロックである月島の目的だ。

 

 

 

月島の読みと日向の予測不能な攻撃がうまく決まる中で、ウシワカは「(ボールを)俺に集めろ」と白布に指示を出す。

試合の流れを一刀両断にするウシワカのスパイクが決まる中、セッターの一瞬の隙を逃さずにボールを止めたのは月島だった。

そのブロックが功を奏して第二セットを取り返す。

 

過去、木兎に”バレーにハマる瞬間”を聞かされていた月島は、ぴったりタイミングと考えが合わさったことに快感を覚えガッツポーズを決める。

いつも冷静な月島が見せない咆哮に、烏野メンバーも全員驚くほどだった。

 

感想

ツッキーやったねー!!!おめでとう!!

もちろんここからなんだけど、過去50話分くらいくすぶってたツッキーがこんな風に叫ぶなんて、今までのファンからすると嬉しいことだよね。

日向の攻撃もキレイに決まって気持ちいい。

第三セットも頑張って欲しい!!

 

GUESS・MONSTER

GUESS・MONSTER

 

 

その他ハイキュー!!の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村