ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『DAYS 22話』あらすじ&感想 週刊少年マガジン 安田剛士

今日も朝からブログ書いちゃうbitchyamaです、おはようございます!

夕方以降とかポンコツすぎてもう書けない…(*ノω・*)

 

 

盛り上がってくる京王河原戦だが…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

新戸部がレッドカードで退場させられてしまい、10人で戦うことになった聖蹟のゴールを、京王河原の丸岡と甲斐の2人が脅かす。

名門聖蹟と異なり0から作り上げたチームを率いる甲斐は、いくら客席から「ぽっと出」と言われようと負けられない気持ちがあった。

 

 

 

前半はなんとか防いだ聖蹟だったが、後半開始早々京王河原メンバーらの仲間内での強い連携もあり同点ゴールを許してしまう。

どんどん動きのキレを増していく京王河原に対して、動揺を隠せない聖蹟はプレーでも押されてしまう。

雰囲気の悪くなるメンバー内で、臼井は全員に向かって冷静に瞳を閉じて考えろと言った。

 

俺たちは聖蹟

俺たちらしく戦えばいい 

 

いつでも自信を持って冷静に最適な判断を行う臼井は、以前自ら副キャプテンとなり、水樹をキャプテンに据えて支えたいと中澤監督に願い出た。

それはキャプテンという重圧から逃れたい臼井の心の現れだったが、今この試合で逃げるわけにはいかないと踏ん張りを見せる。

こぼれたボールをつくしが必死で取得し、そのままFKをもぎ取ることに成功する。

 

 

 

よくやった

必ず決める

 

君下は期待に満ちた目をしてくる聖蹟メンバーの前で、ゴール真正面の難しい位置から狙いを定めていた。

犬童や平のようなカリスマ性はなくとも、右脚のキックの精度には自信を持つ君下は、全てのプレッシャーを押しのけてゴールにボールを叩き込む。

そのスーパープレーに客席だけではなく、聖蹟メンバーも湧かせた。

 

感想

君下神回きたーーー!(これからまた来るけど)

臼井パイセンもすごいんだけど、やっぱ君下ファンなんで君下に注目しちゃう笑

京王河原側がこんなこと考えてたのすっかり忘れてたんだけど、色々相手チームもあるんだね…。

来週も君下の活躍を楽しみにしてる!

 

 

その他DAYSの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村