ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『DAYS 217話 恩返し』最新あらすじ&感想 週刊少年マガジン 安田剛士

夜中に起きるのがあんまり苦痛じゃなくなってきたbitchyamaです、おはようございます!

どちらかというと仕事してる毎日のほうがキツかったしなぁ…笑

 

逃げずにプレーすることを決めたつくしは…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

ボールを持って突進してくるマルコと国母の一騎打ちになるかと思われたところで、早速左右に素早く動くつくしが割って入る。 

マルコが少し力を入れて押すとつくしは大きく倒れ込み、マルコのファウルになってしまった。(マルコはつくしの軽さに驚いていた)

誘いのファウルにGJする佐藤に、つくしはわざとではないと吃りながら言った。

 

 

 

水樹(+風間)が決定機を逃し続けていることについて、客席からは酷い揶揄が飛び交っていた。

笠原はその状況でも静かにフィールドを見守る。

しかし張本人の水樹は、それでも自分にパスが欲しいとつくしに声をかけた。

 

走り続けるつくしに近付いてきた加藤から「チームのために走る心構えに共感する」と言われるが、風間からも前夜加藤と自分が似ていると言われたことを思い出したつくしは似てないと言いながら走り去る。

 

似ていない

似ているなんてとんでもない

ひたすらに身体を張ってチームを守り続ける加藤さんと…

自分だけ逃げようとした僕とでは

 

だけど…

そんな僕を拒むことなくみんながここに送り出してくれた…

もう一度ここに立ってもいいって…!!

 

 

 

つくしの気持ちに呼応するかのように、聖蹟メンバーは的を絞らせずなんとか繋いでいく。

大柴が走り、梁山のゴール前で再び例のゲーゲンプレスの陣形を作った。

速瀬と灰原が上がり続けていたことで梁山のDFの足がようやく鈍ってきたのだ。

君下が左でボールを蹴り上げ大柴らの元へ落とすが、荒井に阻まれて失敗し、志村の真上へボールが渡る。

しかしそれは全て狙い通りだった。

 

落下地点にいたのはつくしだった。

生方が言っていた蹴る人間(君下)、競る人間(大柴)に加えた最後のピースは、使う人間のつくしだったのだ。

つくしは迷うことなく今目の前でできることに全力で取り組むため、梁山ゴールへと向き直った。

 

 

 

感想

つくしの登場&プレーが久しぶりすぎて、あれっこんなキャラだったっけ…?と結構忘れてることに気付く笑

主人公なのにごめん(*ノω・*)

しかしつくし、加藤にまで声かけられるなんて凄い存在感だ!!

加藤ファンから嫉妬されても仕方ないレベル。

次回はゲーゲンプレス成功するのかな!?

 

 

その他DAYSの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村