ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『DAYS 209話 執念の風』最新あらすじ&感想 週刊少年マガジン 安田剛士

洗濯いっぱいあるのに雨でショックなbitchyamaです、おはようございます!

こういうときには乾燥機欲しいなって思うけど、乾燥機もしわくちゃになるんだよね…。

 

聖蹟にきている流れだが…?

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

碇屋がゴール前まで戻ってディフェンスするくらい聖蹟が梁山を押している試合運びは、誰にも想像ができなかった。

梁山ベンチにいるさなぎは、秋子に対して何故就任の挨拶で「一度でも敗けたら辞める」と言ったのか?と問いかける。

 

 

 

どんなに強くても

いつか絶対敗けるのに…

 

さなぎの言葉に対して、秋子は前任の水口監督(秋子の父)が碇屋と加藤の名前を間違えて呼ぶことがあったエピソードを持ち出す。

前任の水口監督にはお茶目なところがあったと話すさなぎだったが、秋子はボケが入っていたと返した。

 

人は忘れていく生き物なの

 

秋子の言葉の真意がつかめず、さなぎは「え?」と返すしかなかった。

 

試合は聖蹟に流れがきており、風間、速瀬、臼井、君下、灰原らの連携プレーがフィールド内で精彩を放つ。

止まらない聖蹟の猛攻と追い風は、3年生が執拗で作り出しているものだと君下は感じていた。

風間もまた、3年生の凄さを実感する。

 

 

 

誰かひとりのおかげじゃねぇ…

 

速ちゃんはオトリになり左サイドで引っ張る

右の灰原ちゃんは限界を超えて走り続けてる

臼井先輩は慣れないボランチを完璧にこなし

水樹キャプテンはディフェンス面でも新たな可能性を示してくれた

 

俺は…俺たちは…

凄い人たちとサッカーをやってきたんだな

 

マルコに渡りそうなボールを速瀬がカットし君下へ繋ぐ。

そして君下のボールを受けるために、またも上がってくる速瀬。

君下はボールを出しながら心の中で呟く。

 

 

 

まだやりたい!!

この人たちと…!!

 

まだまだ教わることがある!!

こんなところで終わらせられるかよ…!!

 

まだ…この人たちとこのサッカーを続けたい!!

それがたとえ一日延びるだけだとしても

そのためだけにやってきたんだ

俺たちは

 

そうだろ

 

 そしてエリア内へとボールが入り、加藤と水樹の一騎打ちが始まろうとしていた。

 

 

 

感想

君下と風間のモノローグ、泣かすー(`;ω;´)

でもこれって敗けるフラグ…?不安をかきたてられる!

梁山が2点リードしてることに変わりないもんね…。

秋子のお父さんの話はちょっと理解できなかったけど、言葉通りにだけ受け取っておけばいいのかな?

そろそろ聖蹟にゴール決めて欲しい!

 

 

その他DAYSの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村