ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『DAYS 20話』あらすじ&感想 週刊少年マガジン 安田剛士

昨日と打って変わってお天気になって嬉しいbitchyamaです、おはようございます!

今日はお出かけしようかなーと思ってる(∩´∀`)∩

 

順調に勝ち上がる聖蹟だったが…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

冬の選手権予選三回戦、大雨の中で北東高校との試合が始まった。

相手校のラフプレーで大柴は足の甲と頭に怪我を追って退場、さらに水樹は君下を守ろうとしてイエローカードを受け取ってしまい次選に出られなくなった。

さらに風間の怪我も治っていない状況で準決勝を戦わなくてはならない。

先輩たちが出場できないショックで打ちひしがれるつくしに、大柴は「負けたら殺す」と準決勝に向けて気合を入れた。

 

準決勝の相手である京王河原は創部2年の新設チームで、誰もが勝つとは思っても見ない中で、東院学園の保科だけはその勝ち上がりを予想する。

水樹が欠場で出られず不安もある聖蹟メンバーではあるが、臼井ら三年生の率先したリードで全員前向きに穴を埋めようと感じていた。

そしてつくしもまた、試合前に激励に来た水樹に気合を入れられて、今日の試合に対する思いを新たにする。

 

 

 

試合が始まり、攻撃の3本の矢である大柴、水樹、風間が居ない中で、誰よりもゴールに貪欲な君下の独走が光る。 

そしてつくしのファインプレーもありボールを取り戻した君下は、京王河原に向かって不敵な笑みを向けた。

 

3本の矢だけじゃねぇぞ

聖蹟をなめるなよ

 

感想

君下が神ってる京王河原戦ついに始まったねーー!

この回の聖蹟の不利感半端ないけど、これからの活躍に期待!!

あと保科は勝手に聖蹟敗けるとか言ってるけど…(# ゚Д゚)

次週も早く見たい!楽しみ♡

 

 

 

 

その他DAYSの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村