ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『DAYS 194話 砕音』最新あらすじ&感想 週刊少年マガジン 安田剛士

もう一本書いちゃうbitchyamaです、おはようございます!

朝からネタバレすると有意義に一日過ごせるね(∩´∀`)∩

 

灰原のシュートの行方は…?

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

灰原の強烈な左シュートが梁山のゴールに向かって突き進むが、GKの中野は2回ボールを弾いて外へと導いた。

いつもより俊敏性を増している中野のプレイは確実にゾーンに入っているもので、こうなってしまっては止めるのは至難の業だと思われた。

 

 

 

ハーフタイムまで5分。

成績のCKが回ってきて、君下はパスを誰に出すか考えるも、ここで決め無くてはならないという冷静ながらも熱い気持ちが滾ってくる。 

そして大きくボールを曲げてゴールを狙うキックを行う。

中野はまたも弾くが、風間が邪魔な位置にいたため、思った通りのきれいな出し方は出来なかった。

 

ボールはファーサイドへ向かうも、そこにはマルコが立ちはだかっていた。

そこへ、水樹がヘディングで押し込もうとボールを追いかける。

しかし再びぶつかりあう2人の力は、またもマルコに軍配が上がってしまった。

 

 

 

すぐに立ち上がれない水樹に向かって、マルコは見下ろしながら「壊れてくれるなよ」と不敵な笑みを浮かべて呟く。

その言葉は水樹の耳へと届き、焦りと驚きで目を見開くしかなかった。

 

水樹の敗北に動揺したためか、ゲーム再開しても聖蹟の動きは鈍い。

その隙をついて狭いところに碇屋が入り込み、華麗にボールを奪い去っていく。

崩れ始めそうな聖蹟に少しがっかりしたような碇屋だったが、次の瞬間あっさりボールロストしてしまう。

ボールを奪ったのは臼井で、いつもと変わらない微笑みをたたえながらも、その瞳の奥には熱い炎が燃えていた。

 

なかなか燃える展開になってきたね

 

 

 

感想

うーん、なかなか決められない聖蹟…。

しかもまた水樹が競り負けちゃって、読者もびっくりな展開だよ(´;ω;`)

でも最後の臼井、かっこよかったね!

次回どんな活躍見せてくれるか楽しみー!

 

 

その他DAYSの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村