ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『DAYS 12話』あらすじ&感想 週刊少年マガジン 安田剛士

昨日疲れて爆睡したbitchyamaです、おはようございます!

最近寝付き悪かったから、ぐっすり眠れてすっきりした( ˘ω˘)スヤァ

 

 

今日もDAYSのネタバレしちゃいます!! 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

 

あらすじ 

最後に放った柄本のシュートはゴールポストに直撃してしまい、流れ弾を押し込むことが出来ず結果は桜高の勝利に終わった。

翌日、祖父の元へと戻る笠原は、見送りに来た水樹に対して柄本を”聖蹟の宝”だと評する。

そしてこの3年間の水樹との思い出をフラッシュバックしながら、笠原は早朝の電車内で泣き崩れた。

 

久しぶりに社会人フットサルに参加する風間は、いつもより強く敗北の悔しさを感じていた。

それは風間がいつのまにか聖蹟で居場所を見つけたことを現していた。

グランドに足を運んだ風間は、初めてこんなにもチームを好きになったのに自分が勝ちに導けなかったことを悔いて、1人でむせび泣いた。

 

柄本に会いにきた生方は、その表情から寝不足ではあるものの泣いてはいなかったことを知る。

柄本は試合後に食事も摂らず、悪い気持ちに追いつかれないように走り続けていた。

試合後に先輩皆が励ますように肩を叩いてくれたものの、君下や臼井、灰原などの辛そうな態度を見て、柄本は自分のせいで負けたのに泣く資格などないと感じていた。

生方はその胸倉を掴んで、一生懸命がんばった結果に対して泣いていいのだと言う。

柄本は試合や先輩の顔を思い出し、堰を切ったように涙を流した。

 

 

 

笠原を見送った日の夜、水樹は1人走り込みを行っていた。

その目に迷いはなく、明日に向けて決意を新たにしていた。

 

お前で最後だよ笠原

もう誰にも下は向かせない

 

感想

水樹ーーーーーー!もう水樹が主役だよね?! 

試合もそうだし、2年間で怪物って呼ばれるくらい強くなったりとか、主役張れるようなエピソードしかない。

(この後のストーリー展開で君下のめちゃくちゃすごい活躍があるから、そのときは君下主役でいいよね?って言うと思います。)

 

 

 

次回はDAYS特番らしいね。ファッ?!

これはバレが出来ないパティーンかな…。

 

 

その他DAYSの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村