ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『DAYS 11話』あらすじ&感想 週刊少年マガジン 安田剛士

あいにくの雨で鬱々としちゃってるbitchyamaです、おはようございます!

今日は読書でもしてゆっくり過ごそうかと思います(∩´∀`)∩ 

 

今日も朝からDAYSのネタバレしちゃうよ〜!

来週は旅行だからちょっと遅れちゃうかも(*ノω・*)

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

 

あらすじ 

体力の尽きた大柴の代わりに投入されたつくしは、初っ端からパンツの紐を結ぶのを忘れて水玉の下着が顕になるという失敗をやらかしてしまう。

爆笑した聖蹟の面々を見た犬童は、良いムードを取り戻したつくしに危機感を覚える。

 

 

 

犬童のマークに付いた風間は、つくしと2人でペアを組んで立ち向かうことで、実力差を埋めようと考えていた。

風間が桜高の注目を集めてフリーになったところでつくしはゴールを狙うが、寸前の所で成神に阻止されてしまう。

ゴール前で犬童と成神を徹底的にマークする中で、2人の間でパスが出されないように君下は注視する。

しかし2人の信頼と経験は厚く、何のコンタクトも無しに犬童から出されたパスを受け取って成神はゴールを決めた。

 

終了間際に逆転ゴールを決めた成神に湧く会場だったが、つくしは最後まで粘るためにもすぐにリスタートしようとする。

そんな中、”守りに徹する”という作戦だったにも関わらず、最後に油断して成神を離した君下を、臼井は回し蹴りしながら(笑)静かに窘めた。

 

 

 

ゴール前で昔飼っていた猫のことを思い出したと話すつくしに、風間は「祝勝会でその話は聞くよ」と笑顔を見せた。

自らも外部で走りながら応援する新戸部、来須、笠原を見て、自分を支えてくれる仲間がいることを再度実感するつくし

風間からボールを受け取ったつくしは、昔飼っていた猫がいなくなり、その後間もなく父が亡くなった時の記憶を脳裏に浮かべる。

急に失われる大切な存在を目の当たりにしてどこか諦観した思いを持ったが、人生は失うものだけではなく、協力してくれる仲間や大好きなサッカーを明日に繋げるためにも、心を新たにして必死でゴールを奪いたいと考えていた。

 

感想

今日の作画、君下がめっちゃきれいだった〜〜。

臼井先輩の回し蹴りわろた笑笑

 

 

 

もう最終回っぽい雰囲気になっちゃったけど、DAYSって2クールアニメだよね?!

bitchyamaこれからもバレするの楽しみにしてるから、ぜひ24話までやってほしいな!!笑

 

 

その他DAYSの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村