ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】アニメ『DAYS 1話』あらすじ&感想 週刊少年マガジン 安田剛士

昨日から暑すぎて汗かきまくりのbitchyamaです、おはようございます(;´∀`)

7月突入で夏っぽくなってきたねー!!

 

 

ついにDASYSのアニメ始まったね!

ということでネタバレしちゃいます(*´ω`*)

 

あらすじ

サッカーの名門校・聖蹟高校に入学した柄本つくしは、同じクラスの風間陣からいきなりフットサルの人数合わせのために誘われる。

風間が使っていた小さくなったスパイクを譲り受けて、つくしは初心者を超えたドジっぷりを発揮しながらも必死に試合に食らいついていく。

前半の無茶がたたって爪が剥がれても、チームメンバーや自分を連れてきた風間の評判を下げないようにと精一杯走るつくし

ゴールポストに突撃しながらもゴールを決めるその姿に、風間の心は次第に動かされていく。

 

風間と共にサッカー部に入部することを決めたつくし

フットサルの夜に渡したスパイクが使い込まれていないことを見た風間は、つくしが入部の日まで全く練習をしていないと感じて気分を悪くしてしまう。

その後、一年生全員で走りこみ100本をしている最中に気絶してしまったつくしに、キャプテンの水樹はまた倒れられては困ると言い、帰るように指示する。

 

 

 

練習後にマックに立ち寄った風間が、つくしを止めなかったことを後悔してまたフットサルにでも誘おうと考えていると、小百合が現れてつくしがまだ帰宅していないことを聞かされる。

風間と小百合がグラウンドへ向かうと、フラフラしながら走っているつくしが見えた。

つくしは水樹を帰り際に校門で呼び止めて100本走り切るまで帰らないと言い、この時間までずっと走っていたのだ。

つくしの足の裏には無数の豆と血が滲んでおり、風間は自分があげたスパイク以外でかなりの練習を積んでいたことを悟る。

 

最後の1本を走り切ったつくしを褒めた風間。その言葉を聞いて堰を切ったように涙を流すつくし

帰りにラーメンを食べようと機嫌よく誘う風間の声がグラウンドに響いていた。

 

感想

DAYS1話、出会いはマンガと違ってたね!

でもテンポ良かったし、つくしに好感が沸いたー(*´∀`)

次回は君下でてくるかなぉ。

早く小野Dの声が聞きたい(∩´∀`)∩

 

ここにDAYSの記事更新していきまっす。

www.yamanerd.com

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村