ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『ブラッククローバー 95話 高め合う存在』あらすじ&感想 週刊少年ジャンプ 田畠裕基

昨日は久しぶりの飲み会で力尽きたbitchyamaです、こんばんは!

土日わりと暖かった分、今日の寒さはこたえた〜〜(ヽ´ω`)

 

ファナの呪いを払ったマルスとアスタは…?

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

ファナを庇うようにしてラドロスの魔法をまともに食らったマルスに、回復魔法を施そうとするファナだったがどうも魔法が出せなくなってしまっていた。

焦るファナに少し待つように伝えたアスタは、ラドロスに向かって突進する。

 

 

 

しかしラドロスは”魔力が無い反魔法使い”のアスタを見て、共に手を組んでダイヤモンド王国軍を駆け上がろうと勧誘し始めた。

それはアスタの反魔法の力をも取り込もうという魂胆からの発言だった。

 

クローバー王国の魔法帝を目指すアスタがもちろんその提案を受け入れることはなく、ラドロスと真っ向から対峙する。

取り込めないと理解したラドロスは魔法を次々に放つも、反魔法の剣で打ち返すアスタ。

気を失っているフィンラルの空間魔法がなければ、アスタが自由に反魔法の剣を使って攻撃できないと踏んで、ラドロスは空中高い位置から魔法攻撃を仕掛けていく。

 

しかし仲間を傷つけられたアスタの怒りは収まらず、なおもマルスやファナを利用してやると声高に笑うラドロスについに爆発する。

アスタは力いっぱいに反魔法の剣を投げてラドロスの胸に突き立てた。

ラドロスの溜め込んだ魔力はどんどん抜けていき、とうとう地面に落ちてしまった。

そして静かに近寄るアスタは、焦るラドロスに向かってもう一本の反魔法の剣を突きつけた。

 

 

 

…オレ一人じゃここまで来れなかった…

力の使い方を…戦い方を教わって…

みんなと一緒に死線を潜り抜けて救け合って扱い方を磨いてんだ…!

仲間は利用する存在だって…?

オレの仲間は違う…!!

オレの仲間は…一緒に高め合う存在だ!!

 

感想

ラドロス突然復活と思ったら一話であっさり退場…。

なんでアスタみたいな絶対寝返らないやつを誘ったんだ、ラドロスよ笑

ところで、ファナの魔力が使えなくなったのって、呪いが解けたからとかなのかなー?

女王の件も残ってるしまだ魔女の森編続きそうだね!

そろそろアスタ休んだ方がいいんじゃ?って思うけど笑

 

 

 

 

その他ブラッククローバーの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村