ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『ブラッククローバー82話』あらすじ&感想 週刊少年ジャンプ 田畠裕基

週末にアメトーークはじまって嬉しいbitchyamaです、こんばんは!

やっぱり日曜日は笑って次の日迎えたいよね〜。 

また小籔でてきてくれないかな。 

 

 

アスタの腕を治すためにそれぞれ活動する黒の暴牛メンバーたち。

バネッサの行方はいかに…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

ダイヤモンド王国から亡命したファンゼル・クルーガー、ドミナント・コード、マリエラの三人の元を訪れたフィンラルとノエルは、彼らの元王国軍指揮官と魔道具職人という経歴からアスタの腕を治す手がかりがないかと質問する。 

その中で、クローバー王国東の恵外界とダイヤモンド王国国境付近にある自治地域”魔女の森”を統治する女王の魔法であれば、古代の呪術魔法に対抗できるかもしれないとドミナントは言った。

 

 

 

魔女の森の人口は全て女性で、呪術や使い魔などの特殊な魔法に長けた魔女が住まう強魔地帯。

恐らくバネッサも魔女の森へ向かったと予想するフィンラルとノエルに対して、バネッサやドミナントが森からの逃亡者で、特にバネッサは女王にとって重要な存在だったため一度戻ったらもう二度と外へは出して貰えないのではないかとドミナントは続ける。

危険な地域だと分かってはいながらも、バネッサに加勢するためにも、フィンラルとノエルはドミナントの案内でファンゼル、マリエラと共にアスタを連れて森へ訪れることを決めた。

 

時を同じくして魔女の森へ帰還したバネッサは、話の通じない最凶女王と対峙しながら「私に戻ってきてほしかったら、古代解術魔法を教えなさい」と毅然とした態度で交渉していた。

 

感想

ファンゼルって…誰?!って思ってたら、小説版に出てきたキャラクターだったんだね。

単行本読み返すところだったわ…笑

 

 

 

アスタも一緒に魔女の森に行ったけど、腕は大丈夫なのか?!

下半身鍛えるためにスクワットしてる姿が涙ぐましい…。

新章も面白そうだね!!ワクワクする!!

 

ブラッククローバー 8 (ジャンプコミックス)

ブラッククローバー 8 (ジャンプコミックス)

 

 

その他ブラッククローバーの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村