ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『ブラッククローバー79話』あらすじ&感想 週刊少年ジャンプ 田畠裕基

今日はムシムシしてて久しぶりに汗かきまくったbitchyamaです、こんばんは!

先週がおやすみ多かったから、今週5日もあるの辛いな…。 

 

今日もブラッククローバーのネタバレ書いちゃいます(ΦωΦ)

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

 

あらすじ 

世界樹の上で対峙したヴァンジャンスに向かって、ヤミはその声色、体格、”氣”の感じから、白夜の魔眼頭首のリヒトではないかと疑っていることを明かし、その仮面を取って欲しいと言う。

ヴァンジャンスが仮面を取ると、顔面上部は生まれつきだという傷跡で覆われていた。

 

とある貴族の落胤であるヴァンジャンスは8つになるまで恵外界で暮らしていたが、高い魔力や世界樹魔法があったこともあり、跡取りがいなくなったタイミングで貴族の家へ迎え入れられた。

しかし傷跡を見た正妻の義理の母からは酷い虐待を受け、忌み嫌われる毎日は地獄のようだった。

そんな中で、魔法帝ユリウスだけは屈託なくヴァンジャンスの魔法を認めて、魔法騎士団へと誘う。

傷跡を気にするヴァンジャンスに「気にすることはない」と言いながらも、その心を慮って顔を隠せる仮面をプレゼントしたという。

 

 

 

どこかで聞いたような話ではあるものの、傷跡から幻覚などの魔力は感じられず、魔法帝への忠誠心は嘘ではなさそうだ。

ヤミは他人の空似だったかと思い、疑ったことをヴァンジャンスに侘びた。

 

アスタと別れた後で、ランギルスはユノに向かって「あんなのがライバルなのか」笑い飛ばした。

魔法帝を目指していると言うユノをなおも馬鹿にした態度を取るランギルスに、冷たい一瞥をくれる。

 

下民が魔法帝になれないという決まりなんて無いでしょう?

…なのでまずは…

金色の夜明けの団長になります

 

副団長である自分を眼中にないように言う素振りに、ランギルスは青筋を立てた。

 

一方、ダイヤモンド王国ではキテンでの失態を聞きながらも、敗北したブロッコスら前時代の将ではなく、新しい将である魔導戦士たちの台頭を目前として余裕を露わにしていた。

 

感想

ヴァンジャンスの顔、やっぱりリヒトに似てるよね…?

ヤミ団長も過去話聞いて「どっかで聞いたような話だな」とか言っちゃってるし、何かしら関連があるのかな。

 

ダイヤモンド王国ともまたまたぶつかりそうだね!

次週も楽しみ!

 

 

その他ブラッククローバーの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村