ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『ブラッククローバー65話』あらすじ&感想 週刊少年ジャンプ 田畠裕基

今日は大雨だったしお仕事バタついて早速つかれたbitchyamaです、こんばんは!

何故かジャバ・ザ・ハットが思い出せなくて後輩に問い合わせた。 

 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

白夜の魔眼幹部・絶望のヴェット相手に矜持を見せたラックとマグナの2人だったが、合体魔法の攻撃虚しく地に沈んでしまった。

駆けつけたアスタとキアトは仲間や家族を守るためにも、ヴェットに向かって戦いを仕掛けていく。 

魔力のない芥(アスタ)と辺境に取り残された屑(キアト)と罵られ、強大な魔力の前に倒れそうになるが、アスタは流血しながらも立ち上がってきた。

ヴェットはアスタを見ながら「勝てる見込みが無い理由」を語り始める。

 

オマエには一片の希望もない

その理由を教えてやろう…!

 

一つ…

投擲などの遠距離攻撃に弱い

魔法ではない物体は特にな

 

二つ… 

強化魔法などでオマエ以上の身体能力を発揮するものに弱い

 

三つ

諦めが悪いことだ…!

 

 

 

容赦なく腕をへし折ろうとするヴェットだったが、逆に噛み付いて「あひらへてあにがまおへんのか?」と言うアスタ。

そこへ一撃の魔法が放たれてヴェットの腕に直撃する。

 放った主はノエル、そしてカホノだった。

そして2人は口をそろえてアスタの台詞を代弁した。

 

獣の耳には聞こえなかったみたいね…

「諦めて誰か護れんのか?」って言ったのよ!!

 

感想

なんどでも立ち上がってくるアスタの姿に泣ける…!!

ヴェット強すぎだよねーーー毛深マッチョにわろたww

次回は女性陣に期待だね!!

 

 

その他ブラッククローバーの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村