ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『ブラッククローバー 120話 因縁』最新あらすじ&感想 週刊少年ジャンプ 田畠裕基

明日は母乳外来予約してるけど、雨っぽくて焦ってるbitchyamaです、こんにちは!

お出かけしたいから雨あがってくれ〜!

 

ラックとリル、似た者同士の対戦を予感させるが…?

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

一回戦最後の第8試合はユノとノエル、そして見るからに病弱そうなエン・リンガード(翠緑の蟷螂・四等上級魔法騎士) のチーム構成だ。

いつも通りツンツンしながら可愛くないことを言うノエルに、ユノは特に気にした様子もなく火山の時にマナスキンで精一杯だったのに戦えるのか?と厳しいことを言う。

ユノの言葉にキレたノエルは逆上するも、ユノの冷静な返しにかわされてさらに焦って苛立ちを露わにする。

 

 

 

対戦チームには、ノエルの兄の一人であるソリドがいた。

ノエルの脳裏に、幼少期から魔力のコントロールが出来ないことを理由に馬鹿にされ、虐げられてきた思い出が蘇り、汗を流しながらもソリドを睨みつけた。

そのノエルをユノは無言で見つめていた。

 

また、金色の夜明けのアレクドラもソリドと同じチームに配置されていた。

それぞれの因縁の対決が始まる。

 

ノエルとユノが自分が率先して攻撃を仕掛けると言い合う中、ソリドとアレクドラの複合魔法が襲い掛かってくる。

魔晶石までの距離を一気に詰められてしまうも、ユノの風魔法”カマイタチの三日月”でなんとか防ぐ。

炎魔法”連鎖爆裂(コンボイラプション)”を、ノエルは水創成魔法”海竜の巣”で防御するも、ソリドはその姿ですら馬鹿にするような言葉を放つ。

アレクドラは砂魔法”圧殺の砂塊”を放ち、ノエルの水魔法を吸い取った。

 

 

 

そこでユノがノエルを救い出しに訪れる。

チームで一番速いであろう自分が隙をついて、敵チームの魔晶石を破壊しに行くと言うユノ。

しかしノエルはソリドを引きつけるためにも、自分にいかせて欲しいと懇願する。

 

ソリドとノエル、ユノとアレクドラがそれぞれ一騎打ちの格好になる。

入団一年目で注目を集め、ヴァンジャンスの期待を受けるユノに、アレクドラは面白くない思いを抱えていた。

魔晶石を守りながら自分を倒そうとする不遜な態度に、不快を露わにする。

ユノはアレクドラの激昂を気にする素振りもなく、「本気でかかってきてくださいよ」と依然として不遜な態度で言い放った。

 

感想

豪華なメンバーでの対決だね!

しかしソリド、挑発されすぎでしょ…笑

アレクドラとユノの対決も気になる!!

アニメの声優さんも発表されて、今後の公開も期待が高まるぅ!

 

ブラッククローバー 12 (ジャンプコミックス)

ブラッククローバー 12 (ジャンプコミックス)

 

 

その他ブラッククローバーの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村