ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『ブラッククローバー 112話 王選騎士団選抜試験』最新あらすじ&感想 週刊少年ジャンプ 田畠裕基

明日からマタニティヨガはじめるのでドキドキのbitchyamaです、こんにちは!

今までやったことないし楽しみだなー♪

 

温泉合宿を堪能した一行は…? 

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

会場から程近い町外れの路地で、紫苑の鯱副団長ザクス・リューグナーの前に怪しい人影が立ちはだかる。

魔法騎士団への侮辱とも取れる発言をする人影に、ザクスは氷魔法”アイススライサー”を放つ。

しかししばらくして、麗氷の聖者ザクスは無残な姿で壁に叩きつけられる。

人影はザクスのローブを奪い取ると、その場を後にした。

 

 

 

選抜試験会場には様々な騎士団のメンバーたちが集っていた。

久しぶりに金色の夜明けの団員であるミモザやクラウスと再会を果たしたアスタは、共に選抜試験への意気込みを確かめ合う。

黒の暴牛メンバーの中でも、フィンラルが髪型を変えて登場したり、相変わらずの騒がしさを見せていた。

ノエルは自分に向かって馬鹿にするような笑みを向ける兄のソリドを見て、メレオレオナに「超えろ」と言われた事を思い出す。

以前のように兄姉を恐れず、成長した姿を見せることを心に誓う。

 

会場に魔法帝が現れて挨拶をしようとしたところで、国王が遮って試験のルール説明をはじめる。 

ルールは、各エリアに配置された自軍の魔晶石(クリスタル)を守りつつ、先に敵軍のクリスタルを破壊したほうが勝利となるという簡単なものだった。

破壊できず制限時間の30分が来た場合は破壊した度合いが高いほうが勝つ。

対白夜の魔眼戦では様々な団が協力して戦う必要があるため、その際に必要な協調性や戦略性を測るために、この試験が最適だと考えたのだと魔法帝は続ける。

つまり、他の団員とチームを組む必要があるのだ。

 

 

 

アスタのチームは、金色の夜明けのミモザヴァーミリオン、そしてザクス・リューグナー と同じだった。

そして現れたのは、先程本物のザクスに攻撃を仕掛けた人影の主で、ザクスとして試験に参加するようだった。

 

感想

え、こんなに目立つ登場したら、さすがにザクスの顔知ってる人にはすぐバレるでしょ…。

魔法帝も全員を把握してるわけじゃないいしても、各団の副団長レベルくらいは知ってるのでは?!

というツッコミはさておき、選抜試験はじまったね!

いろんな団の人と協力する感じの試験なんだね。

アスタのチームは波乱万丈になりそうだな〜! 

 

ブラッククローバー 11 (ジャンプコミックス)

ブラッククローバー 11 (ジャンプコミックス)

 

 

その他ブラッククローバーの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村