ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『黒執事123話 その執事、待望』あらすじ&感想 Gファンタジー 枢やな

カフェで本読みながらうとうとしてたbitchyamaです、こんにちは!

温かい店内だと最近眠気がこらえきれない…。

 

 

ファントムミュージックホールに偵察に来たブラバッドだが…?

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

ブラバッドとシエルの2大プロデューサーは、ファントムミュージックホールの階段付近で対峙していた。

戻ってこないエリザベスを匂わせるような挑発をブラバッドがするも、一見シエルは何事も気にしてないように振る舞うが、去る背中を見送った後で廊下を曲がってから悔しそうにマイセンの花瓶を叩き落とした。

エリザベスを力尽くで連れ戻しても無理だと悟ったシエルは、”この方法”で解決に導くことを決意したものの、苛立つ気持ちも八つ当たりも押さえ切れなかった。

 

 

連日両ホールの対決は白熱し、動員数はスフィアミュージックホールに軍配が上がり続けているものの、2割程度の客はファントムミュージックホールに流れていた。

自分たちのキラキラが客に届いているからだと喜ぶS4だったが、ブラバッドだけはただ一人焦りを隠せず、扉の向こうにいる”お星様がた”の声に急かされて必ず状況を打破してみると約束した。

そしてバイオレットもまた、ブラバッドの心を察するかのように冷や汗を流した。

 

怪しい2人の男が夜中の森で、スフィアミュージックホールのブレスレットを持つ女性の遺体を「シリウス様のため」と呟きながら埋めようとしていた。

しかしその現場をライトを照らしながら現れたのはセバスチャンとフリーの記者だった。

そしてセバスチャンは犯人たちに向かって種明かしを始める。

 

とっくに調査済みですよ

ロンドンで次々と発見される不審死体

その原因がスフィアミュージックホールにあることもね

貴方がたはS4によって大量に人を集め

その血液を採取するという随分大胆なことをなさっておられる

表向きは誰でも楽しめるキラキラした場所だと偽って

 

ここである疑問が生じました

大勢の客から気付かれぬよう少量ずつ血液を集める方法を実施している貴方がたが

何故これほどの失血死体を出しているのか?

 

 

考えられる答えはひとつ

まだまだ血が足りないから

 

坊っちゃんの予想は的中したようですね

足りないものをさらに減らせばすぐにこうなるはずだと 

 

ファントムミュージックホールの真の目的は

スフィアの客を奪うことで総採血量を減らし

失血死を誘発させること!

 

S4対P5などなど本当の目的を隠す為の茶番に過ぎない

はじめから勝ち負けはどうでもよかったんですよ

 

意地の悪い微笑みを浮かべるセバスチャンは犯人たちの銃口をナイフで塞いで、死体を埋める穴に突き落とす。

そしてフリー記者が撮影した死体と犯人たちの3ショット写真は新聞に掲載され、瞬く間に”スフィアミュージックホールが客を殺害している”という文言とともに世に知れ渡ることとなったのだった。

 

 

感想

シエルの目的はそういうことだったんだね…!

容赦ないけど悪の貴族らしくてゾクッとしたーーーー(゚д゚)!

次回はさらにやばくなったブラバッドが行動に出るのかな?!

一人だけ気付いてるっぽいバイオレットパイセンが危険に晒されそうで怖い…。

シリウスたちは人から奪い取った血液で生かされてるゾンビだったりして…。

早く続きが読みたいよー!

 

今月号の付録は黒執事2017年の手帳だよー!

 

黒執事(24) (Gファンタジーコミックス)
 

 

その他黒執事の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村