ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『青の祓魔師 89話 ハッピー(メリクリ)バースデー』最新あらすじ&感想 青のエクソシスト 青エク ジャンプスクエア 加藤和恵

ジャンプスクエアの日は早起きするbitchyamaです、おはようございます!

今日は暖かいし気持ちいい天気で嬉しいなー♪

 

自分の出生に悩む雪男は…?

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

クリスマスパーティー当日、きれいに飾り付けられた会場に集った面々だったが、ツリー役をしていたニーちゃん(お腹のあたりからモミの木を生やしている)が寝返りを打ったことで、飾り付けなどが全て壊れてしまい、さらにはツリーに火が付いて燃え上がった。

サンタの格好をして現れたしえみは涙を流しながらニーちゃんを庇うが、燐たちは準備してきたものがあまりにも一瞬で消え去ったため、逆に面白くなって爆笑してしまう。

 

 

 

会場を変えて、燐たちの家にある和室で鍋を囲んでささやかなパーティーを行うことに。

メフィストやライトニング、シュラ(恐らく婚活パーティーに失敗した)も駆けつけて賑やかな夜は更けていく。

その時、志摩の兄である柔造から着信が入り、蝮との間に子供ができたために籍を入れたことを告げられ、一族集まる正月に虎屋で挙式するので勝呂や子猫丸にも戻ってきて欲しいと言う。

十三號セクションの調査の件もあって渋る勝呂だったが、ライトニングは”しばらく寝てる”から家族を大切にする信条に従って帰省するよう促した。

勝呂はその言葉を聞いて、心から柔造と蝮を祝福し、挙式のため規制することを決めた。

 

クリスマスパーティーもお開きになり、帰りがけにしえみは四つ葉のクローバーが入った小瓶をストラップにしたものを、魔除けとして全員に配る。

これからの試験を応援するしえみに、燐は今生の別れのような物を渡してくる行為に思わず「死ぬのかよ?!」と聞いてしまう。

死なないよ、と驚きながらも返答したしえみは、祓魔師にならない理由を話せないことについて謝罪しながらも、これからも遠くにいくことはなく祓魔屋から皆を応援すると笑顔で伝えた。

 

 

 

皆が帰った後で雪男と燐が片付けをしていると、16歳の誕生日を迎えた記念にと、シュラは2人の母であるユリ・エギンについて話し出す。

18年前、八郎から保護したシュラをどのように扱えばいいか分からなかったため、ユリの元を訪れた獅郎はまず風呂に入れるように頼む。

ユリと共に風呂に入り食事しているところで、獅郎が自分にはシュラの世話をするのは無理だからユリが面倒を見てくれないか?と言い始めた。

しかしシュラはその言葉を聞くと、即座に「やだ!」と拒否して獅郎に抱きついた。 

ユリはその光景に微笑みながらも、獅郎が父親役で自分が母親役を担当して一緒に暮らすのはどうか?と提案する。

しかし獅郎は顔を背けてその提案を断った。

シュラはユリのきれいな横顔を見て、自分では一生敵わないと感じたと言う。

そして明るい瞳は燐に、ホクロが多いところは雪男に似ていたことを話し、2人に「誕生日おめでとう」と告げて締めくくった。

 

 

 

その日の夜、なかなか寝付けない燐と雪男は、布団の中でシュラから聞いた話を反芻していた。

サタンの子を宿した重罪人であるユリの情報は機密扱いで触れられないが、それでも知りたいと雪男は感じていた。

しかし燐は、楽しい記録ではないことが分かりきっていることから、知る必要はないと話す。

燐の言葉を聞いた雪男は起き上がり、昂る口調で思いの丈を伝えた。

 

ふざけるな!!

何が誕生日だ!

本当はいつ生まれたかも判らないのに!!

 

普段は考え無しで突っ走るクセに…

何で…何でそこだけ消極的なんだよ!

ビビリはどっちだ!

 

激しい雪男の口調に、燐は驚きを隠せなかった。

 

 

 

感想

クリスマス&誕生日エピで兄弟間の本音が見えてきたね…!

そして初登場の燐と雪男のお母さん、かわいい。

獅郎はユリのことちょっと好きだったのかな…?

次回は燐と雪男の言い合いから始まるのかなー?! 

 

 

その他青の祓魔師の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村