ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『亜人 第2クール 24話』あらすじ&感想 good!アフタヌーン 桜井画門

最近ずっとお天気よくて嬉しいbitchyamaです、おはようございます!

どんどん寒くなるけど、晴れてると若干マシに思える(∩´∀`)∩

 

 

佐藤の攻撃は続くが…? 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ

佐藤の自衛隊基地占拠を内乱とみなしたアメリカ政府は、軍事援助を行うことを日本政府に提案した。

軍事介入だと言う曽我部に対して、致し方ない状況であると大臣らは話して佐藤の交渉を認めることにした。

 

佐藤に電話をかけて北海道に亜人の特別自治区を特例で許可すると交渉を持ちかける政府だったが、佐藤は日本を明け渡すよう要求しているためちっぽけな交渉には応じないと首相官邸に向かってミサイルを発射した。

せっかくの申し入れに対する非情な態度に、これでは戦争ではないかと田中らは抗議するが、佐藤は最初から戦争をしているのだと言い、逆らうのなら全員の首を落とすと脅しをかけた。

そして奥山らをはじめとして、一部の佐藤の協力者内に裏切りの狼煙が上がる。

 

 

佐藤の声明を見て逆恨みした民衆は暴徒と化し、亜人の家族らに対しても危害を加えていた。

妹のエリコの保護が遅れて襲われそうになっていたところでケイが駆けつけるが、ケイはIBMを出現させることが出来ずに危険に晒される。

しかしそこでカイが琴吹の翼を持ったIBMと共に現れ、ケイとエリコを救い出した。

 

カイはケイとエリコに向かって一緒に逃げようと言うが、過去友達を見捨てて逃げた自分を責め続けているケイは放っておいてくれと叫ぶ。

自分が少年院に入った原因がケイだとしても友達に変わりはないと言うカイに対して、ケイは今でもそう思ってくれていることに感謝した。

 

ケイはトイレだと言って抜け出した隙に、カイに妹を預けて単身バイクに乗り戸崎らの元に戻る。

佐藤を止めるには自分の力が必要だと言うケイは、迷いなくIBMを繰り出してみて決意を表明した。

 

 

感想

カイがケイの元に駆けつけてきてくれたときとか泣けたなぁ…(ToT)

友達って思ってくれてることもだけど、1番助けてほしい時に来てくれるなんて素敵。

佐藤のメンバー内でも不穏な動きが出てきたしこれからどうなるんだろ…。

 

亜人 六 (通常版) [Blu-ray]
 

 

その他亜人の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村