ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】映画『レヴェナント:蘇えりし者』あらすじ&感想 レオナルド・ディカプリオ

今日はプールサイドでうたた寝したりご飯食べたりくつろいだbitchyamaです、こんばんは!

とにかく7時間くらいずーーっとプールで遊んでた笑

さすがに体乾燥したけど面白かった♡ 

 

旅行前に『レヴェナント:蘇えりし者』観てきたよー!

ディカプリオの演技圧巻でした。

www.foxmovies-jp.com

 

あらすじ

1823年のアメリカ北西部。

毛皮商に雇われて毛皮を採取するハンターチームは、ネティブアメリカンのアリカラ族に襲撃されて、生き残った10名程度で居留地へ向かうことになる。

アリカラ族は、ハンターチームに族長の娘・ポワカが攫われたかもしれないと考えて、攻撃を仕掛けてきたのだ。

 

先住民との間に授かった息子・ホークと共にハンターチームに参加していたヒュー・グラスは、土地に詳しいガイドとして先導を任されていた。

アリカラ族の追手から逃れるために一人先行して山を歩くグラスの前に、グリズリーの母子が現れて襲われてしまう。

仲間たちがグラスを見つけた時には、喉や背中のあちこちを切り裂かれ、瀕死の重傷を負った状態で横たわっていた。

即席の担架でグラスを運ぼうとする仲間たちだったが、これではアリカラ族に追いつかれてしまうだろうし、グラス自体の命も長くはないのではと感じたことにより、隊長・ヘンリーの命令でホーク、ブリッジャー、そしてフィッツジェラルドがグラスの最期を看取る役として残された。

 

フィッツジェラルドは最初からグラスに反感を抱いており、最期を看取るのもヘンリーが与えると約束してくれた報奨金目当てであった。

ホーク、ブリッジャーがそれぞれ物資を調達している間に、グラスに「お前のせいでアリカラ族に追いつかれ、ホークが死ぬ」と囁いたフィッツジェラルドによって窒息させられそうになるが、戻ってきたホークに蛮行を責められて、フィッツジェラルドはホークの腹にナイフを突き立て殺害してしまう。

ホークを行方不明扱いして、ブリッジャーにアリカラ族が近くにいると嘘の情報を伝えたフィッツジェラルドは、グラスを簡易の墓に入れて見捨ててしまった。

ブリッジャーはグラスに申し訳ないと感じながらも、水筒を供え物の代わりとして置いてその場を去った。

その後、フィッツジェラルドの嘘に気付いたブリッジャーは後悔の念に駆られるが、アリカラ族の追手から逃れるためにも居留地へ歩みを進めることに。

 

 

 

目の前でホークを殺された恨みを胸にいだき、瀕死の体を引きずって歩みを進めるグラス。

川辺を進む途中でアリカラ族に見つかるも、単身川を下って雪の積もる岡に辿り着き、生肉を食べるポーニー族の先住民と出会う。

スー族に家族を殺されたポーニー族の男性は、同胞の協力を得るために旅をしているのだと言ってグラスの同行を促した。

ある吹雪の夜、グリズリーによってつけられたグラスの体の傷が腐り始めていることを指摘して介抱を行う。

翌日グラスが目覚めると近くにフランス人毛皮商の野営が立っており、先住民の男性は殺害されて吊るされていた。

 

先住民の男性の遺体を下ろしたグラスが、奪われた馬を手に入れるために野営場に近づくと、フランス人たちに娘(ポワカ)が暴行されていた。

ポワカを助けて馬を奪い返したグラスだったが、すぐにアリカラ族に襲撃されて谷底に落ちてしまう。

落下の衝撃で亡くなってしまった馬の腹を割いて内蔵を取り出し、裸で馬の中に入り吹雪の中寒さを防ぐグラス。

 

一方、居留地に到着したフィッツジェラルドとブリッジャーは約束の報酬を受け取っていた。(ブリッジャーは受け取らなかった)

そこにフランス人毛皮商の生き残りが現れて、グラスが残していった水筒をヘンリーに手渡した。

ホークが生きているのではと考えたヘンリーらが馬を走らせると、そこには死んだと思われていたグラスが立っていた。

フィッツジェラルドとブリッジャーの嘘に気付いたヘンリーは激昂して2人を捕らえようとするも、フィッツジェラルドはすでに金庫の金を持ちだして逃げた後だった。

(ブリッジャーはおとなしく捕まったが、グラスはブリッジャーがフィッツジェラルドに騙されただけだと証言する)

 

医者の検査を受けたグラスは、ヘンリーとともにフィッツジェラルドを追う。

ふた手に別れて捜索していると、運悪くヘンリーがフィッツジェラルドに遭遇して射殺されてしまったが、機転を利かしてフィッツジェラルドを追い詰めるグラス。

川辺りでの肉弾戦の結果、グラスがフィッツジェラルドを仕留める寸前まで迫るが、フィッツジェラルドの口から出た「俺を殺しても息子は戻ってこない」という台詞を聞き手を止める。

そこで向こうの川岸にアリカラ族とポワカの姿を見つけて、あとは神の判断に委ねるとしてフィッツジェラルドを川流してアリカラ族の手に渡す。

族長はフィッツジェラルドをナイフで殺すが、グラスのことは見逃して立ち去った。

雪山に一人残されたグラスが大きく息を吸い込むと、目の前には亡くなった妻の姿が温かい風景の中で映しだされて、グラスは瞳いっぱいに涙を浮かべてその場に佇むしかなかった。

 

感想

ずーーーーーーっとディカプリオ出っぱなし!

ちょいグロなので苦手な方は注意です。でも映像キレイだった−!

必死に生きる姿なんだけど、あまりにもぶっ飛んでて笑ったのは、馬のお腹にディカプリオが入るシーン。

そして見応えあったグリズリーのシーンは生々しくて、見るに堪えないところも結構あったけど迫力満点でした!

グラス生還したもののこれからどうなってしまうんだろうか…。

とにかく見応え抜群!うたた寝絶対しないのでおすすめです。 

 

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村