ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『イノサンRougeルージュ8話』あらすじ&感想 グランドジャンプ 坂本眞一

あしたはトリキに行きたいなって思ってるbitchyamaです、こんばんは!

なんだかんだで釜飯が好き。

www.torikizoku.co.jp

 

昨日は美しい女性とお食事してて書けなかったけど、10/21発売の『イノサンRouge』8話のネタバレしちゃうよ!

マリーが表紙♡ 

グランドジャンプ 2015年 11/4 号 [雑誌]

グランドジャンプ 2015年 11/4 号 [雑誌]

 

 

あらすじ

前回、落雷に倒れ、ルーアンの処刑人ピエール・ジュアンヌの屋敷で介抱された、シャルル・サンソン・ド・ロンヴァル。

娘のマルグリット・ジュアンヌに導かれて、ピエールの目が覚めないうちに発つよう勧められた。

マルグリットの美しさにすっかり酔っているシャルルは、自分がディエップ駐屯連隊の中尉であることを名乗り、またお礼に伺いたいと跪いて申し出た。

しかし窓辺からピエールが覗いているのを見つけて、怯えるマルグリットの名前だけを聞いてその場を去るシャルル。

見送りをしたマルグリットに、ピエールは「薬は飲んだのか?お前のことは一生面倒を見る、望みは持たぬことだ」と言い聞かせた。

 

ディエップの駐屯地に戻ったシャルルは、従弟の毛皮商ポール・ベルトードにコロンブが亡くなったことを話していた。

コロンブのことを悼むポールに対し、シャルルは昨夜会ったマルグリットのことを、うっとりしながら、亡くなったコロンブが引き合わせてくれたのだと言う。

そんなシャルルをらしくないとあしらい、逆にポールは最近見つけた街一番の美女を、父親が留守の間に手籠めにする計画を話す。

 

一方ピエールはアミアンの地で、魔女裁判にかけられ有罪となった女性を火刑に処していた。

 

 

 

 

その夜、シャルルはマルグリットへ想いを伝えるため、ジュアンヌ邸へ向かうことにした。

屋敷の前で決意したところで、後ろからやってきたポールに声をかけられる。

ポールの見つけた街一番の美女とは、マルグリットのことだったのだ。

買収した使用人がマルグリットに薬を飲ませ、昏睡状態にしたところで襲いかかる作戦だ。

自分が楽しんだ後で従兄のよしみでシャルルにも楽しませてやると言い放ったポールに対して、シャルルは剣を突き出しマルグリットを守ると息巻く。

弱虫シャルロに楯突かれ不快なポールは、仲間を2人呼び寄せシャルルに立ちはだかった。

 

感想

あれ…コロンブのことはもういいの…?

シャルルの気持ちの変化が早すぎてびっくりした(゚д゚)!

介抱されて何日か経過したからかと思ったけど、読み返したらやっぱり一晩(てか数時間?)しかいなかった。

 

またミュージカルかな?

早く次回を読みたい!

 

A photo posted by Shin-ichi Sakamoto (@14mountain) on

 

その他イノサン記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村