ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

ネタバレ『イノサンRougeルージュ38話 それが運命』最新あらすじ&感想 グランドジャンプ 坂本眞一

お天気になって嬉しいbitchyamaです、おはようございます!

最近夜起きておけなくて早寝するから、早朝に目が覚めて気持ちいい(*´艸`*)

 

ロベスピエールが現れて動きが加速する…!

前回までのネタバレはこちら。 

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

1786年12月。大雪に見舞われたパリの町並みの中、ニコラ・サンソン邸の窓辺に佇むマリーは一人、雪に落ちた一滴の血を眺めていた。

ジャンヌは反国王派の手引で脱獄した先で、王妃とのスキャンダラスな夜を捏造する発言を繰り返し、マリーの心に苦々しい思いを浮かべさせる。

殺せなかった唯一の女であるジャンヌを思うと、マリーの中に複雑な気持ちが沸き起こってくる。

 

 

 

マリー・ジョセフ・サンソンは

今まで殺りたい奴は一人残らず葬ってきた

 

しかし神よ

お前は何故あの女を生きながらえさせたのだ?

何故マリーの邪魔をする

何故だ…?!

 

マリーがあの女をつかって王家に首飾りを売りつけ

王家を自滅させ

国家転覆を図る算段だった

 

あの下衆の女は逮捕されれば用済み

マリーの手で貴族鏖の物語の結末へ突き進むはずだったのだ

 

 

 

マリーの思いを否定するように白銀の世界が眼前に広がる。

ショコラを持ってきたアンドレから、この天候であれば明日の処刑が延期であること、そして自然の力を前にして無力な我々は、神々の思し召しに従う他ないのだという発言を聞いて、マリーは舌打ちをする。

 

次の瞬間、急に窓が開いて赤い雪が舞い込んでくる。

アンドレが動揺しながら神がお怒りなのではと叫ぶと、マリーは赤い雪を顔面に浴びながらにやりと笑った。

その表情は、神から叩きつけられた喧嘩を買ってやるという意思の現れだった。

 

その日の夜、相変わらず暴飲暴食を繰り返して眠りについたニコラの前に、在る人影が現れた…。

 

 

 

感想

寒そうなパリの風景も綺麗(∩´∀`)∩

今回はマリーの思惑が見えた回だったね!

ジャンヌは脱獄もしたのか…すごいな。

次回はニコラになんか悪いことするんだろうか…。

休載っぽいので一ヶ月後のお楽しみだね!

 

イノサン Rouge ルージュ 5 (ヤングジャンプコミックス)
 

 

その他イノサンRougeの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村