ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】『イノサンRougeルージュ23話』あらすじ&感想 グランドジャンプ 坂本眞一

一回家帰ったけど、グランドジャンプ買うの忘れててコンビニに出かけたbitchyamaです、こんばんは!

パジャマで近所に出かけちゃった(*ノω・*)

 

 

7/6発売のグランドジャンプで『イノサンRouge』23話を読んだよ! 

グランドジャンプ 2016年 7/20 号 [雑誌]

グランドジャンプ 2016年 7/20 号 [雑誌]

 

 

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

ベルサイユを襲う強盗団「アンラジェ(怒れる者)」の首領と対峙するマリー。

首領は「マドモアゼルに手を上げるようなことはできない」と言い、顕になったバストを隠すように伝えるが、マリーは聞く耳を持たず攻撃を繰り出した。

しかし手を出さないという言葉を違えず、首領はマリーにむかって”サバット(靴)”と呼ばれる足技を用いてその動きを止める。

サバット”とは、18世紀パリの路上で不良たちが使い始めた足技主体の喧嘩術で、19世紀にミッシェル・カスーが体系化し、競技化されたフランス式キックボクシングだ。 

 

 

 

アンドレはマリーを庇うために首領に対して銃口を向けたが、盗賊団の団員たちも負けじと銃を構える。

女性蔑視の発言をする首領に対して、富を持たぬ第三身分が貧困を盾にして強奪の限りを尽くすことと、乙女が女の武器を使うことのどこが違うのだと、挑発した発言をするマリー。

そして二人の攻撃が再び交わると、マリーの剣が首領の足を大きくはねた。

しかし床に転がった木製の物体を見て、マリーは首領の足が義足であることを知る。

 

ちょうど仲間からの合図を受けたこともあり、盗賊団は一時撤退することになる。

去り際に首領が漏らした発言に、マリーは一つの事実に到達した。

 

俺はガキの頃危うく感染症で死にかけたところを

ムッシュー・サンソンに足を切り落としてもらい命拾いをした恩がある

お前とはいずれ交わる運命だったようだ

 

またな 獣の女

俺は八つ裂きにはならないぜ

 

窓から階下に落ちる首領は、かつて八つ裂きの刑に処されたダミアンの息子・ジャックだったのだ。

 

感想

ダミアンの息子・ジャック出てきたー!!!

最初から後のジャック・ルーなのでは?って噂あったけど、ほんとにそうなったね…。

かっこよく成長してサバットとか身につけて…でもマリーと敵対しちゃう…切ない。

イノサンまた面白くなってきた!

早く次回も読みたいな〜。

 

 

その他イノサンRougeの記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村