ヤマナード

IT系アラサーOLのnerdな日常

【ネタバレあり】ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士ー4話』あらすじ&感想 松本潤 香川照之 榮倉奈々

久々に渋谷でぶらぶらお買い物したbitchyamaです、こんばんは!

今日は帰ってからアルスラーン戦記アニメを全部見て興奮冷めやらぬ感じ。 

 

今日も99.9のあらすじをCMごとにまとめちゃいます!

前回までのネタバレはこちら。

www.yamanerd.com

 

あらすじ 

ウドウ光学研究所に勤める太陽光発電の世界的発明者である菊池は、仕事の元同僚・井原と再会してバーに行き、しこたま酔ったところで記憶をなくしてしまい、その後彼女から強制わいせつの罪で告訴されてしまった。 

無罪を主張する菊池だったが、バーの店員からは菊池が井原をしつこく口説いている様子だったという証言が出てくる。

しかしバーから強制わいせつの現場である路地裏までの時間は、井原一人の力ではおおよそ証言通りには到達できないものであり、矛盾を感じる深山。

 

そんな折、ウドウ光学研究所の社長・鵜堂から、斑目と佐田の元に、会社で示談金を準備するので決着をつけて欲しいと依頼が入る。

ライバル企業に出し抜かれないためにも、菊池に完成間近の研究を進めさせたいのだという。

研究や携わっているメンバーのことを思う菊池自身も、大人しく示談に了承した。

しかし会社に戻った菊池を変な目で見る社員や近所の人も多く、一人娘も反発を隠さずに冷たい態度を取った。

 

聞き込みを続ける深山は、バーの店長と井原が交際関係にあったこと、店内は普段から音楽で騒然としているためカウンターの声が聴こえるはずもなかったことを突き止める。

さらに店員の報告から、店長は多額の借金を背負っているにも関わらずカジノ旅行に出かけたと聞き出した。

 

 

 

周囲からの冷遇に耐えられない菊池は、深山と立花の元を訪れて裁判をしたいと願い出るが、示談が成立した後に再度争うことは出来ないと聞かされ落胆する。

しかし深山は井原の行為を美人局だと指摘して、詐欺罪で訴えることであれば可能だと菊池に伝えた。

 

菊池は取得した特許の報酬を5万円しかもらっておらず(会社に搾取されていた)、さらに海外の会社から引き抜きされていたことを明かす。

しかし示談金を払って救ってくれた鵜堂に恩義を感じており、引き抜きの話を断るつもりだと語った。

 

菊池の僅かな記憶の中で「緑のタクシー」が現場付近に止まっていたことが分かり、そのタクシー会社が明治タクシーであることを突き止めた深山たちは、明治タクシーに残されていたドライブレコーダーの記録から、菊池を運んだのはバーの店長だったことを突き止める。

 

井原の強制わいせつ事件について

  • 井原とバーの店長は恋人関係で、2人ともお金に困っていた
  • 店長は井原の指示に従って、菊池に睡眠薬を盛って眠らせた
  • 菊池を路地裏まで運んだのは店長
  • 菊池が特許の報酬を5万円しか得ていないことを井原は知っていた
  • 菊池が海外の企業から引き抜かれることを知った鵜堂は、阻止するために菊池のわいせつ行為をでっち上げることを井原に提案した
  • 結果として示談金を得た井原は、店長と2人で山分けした

 

感想

今回は殺人じゃない分、かなーりすっきりした回でした!

特許とかだと下町ロケット思い出すわ〜。

そして娘と家族団らんも呆気なくかなってよかった笑

 

HBD16 榮倉奈々ファースト写真集

HBD16 榮倉奈々ファースト写真集

 

 

その他99.9の記事はこちら。

www.yamanerd.com

 

 

よかったら読者登録お願いします!

LINE@でも情報配信してます

友だち追加数

いいなと思ったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村